[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ破ったセリーナが逆転で決勝進出 海外興奮「我らのクイーンが復活!!!」

女子テニスのロジャーズ・カップは10日、女子シングルス準決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がマリエ・ボウズコバ(チェコ)を1-6、6-3、6-3で下し、決勝進出。準々決勝で大坂なおみ(日清食品)を圧倒した勢いそのままにファイナル切符を掴んだ。WTAは圧巻の鋭角ウィナーで試合を決めた瞬間を動画付きで公開。海外ファンも「我らのクイーン、セリーナが復活!!!」「セリーナ、凄かった!!!」などと興奮している。

ロジャーズ・カップ決勝進出のセリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
ロジャーズ・カップ決勝進出のセリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

21歳の新鋭ボウズコバを下して決勝へ、WTA「ハードコート500勝!」

 女子テニスのロジャーズ・カップは10日、女子シングルス準決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がマリエ・ボウズコバ(チェコ)を1-6、6-3、6-3で下し、決勝進出。準々決勝で大坂なおみ(日清食品)を圧倒した勢いそのままにファイナル切符を掴んだ。WTAは圧巻の鋭角ウィナーで試合を決めた瞬間を動画付きで公開。海外ファンも「我らのクイーン、セリーナが復活!!!」「セリーナ、凄かった!!!」などと興奮している。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 セリーナが死闘を制し、優勝に王手をかけた。マッチポイント。打ち合いとなったラリー、バックハンドで返していた元女王が一瞬でギアを上げた。センターから鋭い角度のフォアハンドを打ち込み、サイドラインぎりぎりを襲う。世界ランク91位の21歳新鋭も反応できない。圧巻の一撃で試合を締めくくり、ビアンカ・アンドレースク(カナダ)との決勝に駒を進めた。

 小さくガッツポーズを決めたセリーナ。しかし、母国・米国の大観衆は総立ちとなり、大きな喝采で祝福した。ボウズコバと握手を交わすと、一段と大きくなった声援に手を挙げて応えた。WTA公式ツイッターは「セリーナ・ウィリアムズがハードコート500勝! ボウズコバに1-6、6-3、6-3の逆転勝利でロジャーズ・カップ決勝進出」とつづり、実際のシーンを公開している。

 海外ファンからも「決勝が待ち切れない」「タフな試合だった!!!」「女王カモーン」「2人とも頑張った。セリーナは逆転、ボウズコバの第1セットは圧巻だった」「我らのクイーン、セリーナが復活!!!」「とにかく素晴らしかった」「セリーナ、凄かった!!!」「セリーナ、決勝頑張って!」「ハラハラしたけど、王者が上手くやった」などと興奮の声が続々上がっていた。

 準々決勝では大坂と全米オープン決勝以来、336日ぶりの再戦で返り討ちを果たしたセリーナ。37歳となったレジェンドは健在だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集