[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

46歳ロベカル、伝説の“曲がりすぎFK再現”が再生170万超 英紙絶賛「驚異的カーブ」

海外サッカーで「悪魔の左足」の異名を取った元ブラジル代表DFロベルト・カルロスがインスタグラムを更新。現役時代に伝説として語り継がれるアウトサイドFKを再現した動画を公開した。引退後も錆びつかない驚愕の変化を示した一撃は再生170万回を超え、海外メディアも「見よ、フランス戦のFK再現を」と絶賛している。

ロベルト・カルロス氏【写真:Getty Images】
ロベルト・カルロス氏【写真:Getty Images】

97年に演じた伝説の一撃を再現、海外話題「見よ、フランス戦のFK再現を」

 海外サッカーで「悪魔の左足」の異名を取った元ブラジル代表DFロベルト・カルロスがインスタグラムを更新。現役時代に伝説として語り継がれるアウトサイドFKを再現した動画を公開した。引退後も錆びつかない驚愕の変化を示した一撃は再生170万回を超え、海外メディアも「見よ、フランス戦のFK再現を」と絶賛している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 その軌道に伝説が重なった。西日が差すグラウンドでボールをセットしたロベルト・カルロス。すると、おなじみの細かい助走ステップをほどほどに左足を振り抜いた。右サイドから大きく外れたボールはシュート回転がかかり、急激に変化しながらゴールを襲う。わずかに外れたが、ゴールマウスに立った元ポルトガル代表GKビトール・バイーアも立ち尽くすだけの一撃だった。

 誰もが思い返すのは、1997年のフランス代表戦。ゴール前中央40メートルから放った一撃は同じような軌道で、右サイドから壁を巻いてゴールに突き刺さる。サッカー史に刻まれる伝説のFKとなった。今回はそれを自ら再現した様子。投稿から1日あまりで再生回数は170万回を超え、海外ファンから驚きの声が殺到しているが、海外メディアも反応。反響が広がりを見せている。

 サッカーの本場、英紙「ザ・サン」は「見よ、ロベルト・カルロスを象徴するフランス戦のFK再現を…しかし、錆びついたブラジルのレジェンドはわずかに外す」と見出しを打って特集。記事では、97年フランス戦を振り返りながら、「あの有名なフランス戦のFKを22年経ても蹴ることができると証明した」と称賛した。

 記事では「今なお語り継がれており、46歳となった彼はあの魔法をもう一度再現できるかチャレンジした」と記した上で「カルロスは変わらぬテクニックで驚異的なカーブをかけた」と言及。「ボールがわずかに外れ、(テクニックが)少しだけ錆びたことを詫びたかもしれない」と付け加えたが、注目度も健在だった。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集