[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

まるで高校野球!? 投手がレフトから超絶レーザーに米騒然「こんなの見たことない」

米大リーグで総力戦となった延長15回に外野手が登板し、打たれた打球を左翼手で途中出場していた投手が処理し、本塁へレーザービームで補殺を記録するという珍事が発生。実際のシーンをMLBが動画付きで公開し、「こんなの見たことない」と米ファンを驚かせている。

レフトを守っていたフィリーズのベラスケス【写真:Getty Images】
レフトを守っていたフィリーズのベラスケス【写真:Getty Images】

前代未聞の本塁補殺、本職先発投手のベラスケスが総力戦で登板した外野手を救う

 米大リーグで総力戦となった延長15回に外野手が登板し、打たれた打球を左翼手で途中出場していた投手が処理し、本塁へレーザービームで補殺を記録するという珍事が発生。実際のシーンをMLBが動画付きで公開し、「こんなの見たことない」と米ファンを驚かせている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 長い歴史を持つメジャーリーグといえど、こんな珍事はそうそうないだろう。2日(日本時間3日)のホワイトソックス―フィリーズの一戦は延長戦に突入し、延長14回を迎えた。投手を7人投入していたフィリーズはこの回から外野手のクインをマウンドへ。しかし、1死二塁のピンチとされ、緩い77マイル(約123キロ)のボールをマキャンに左前へ運ばれた。

 ついに勝ち越し点献上か。そう思った瞬間だ。レフトには2日前に先発登板し、この日直前に代走で途中出場していた投手のベラスケスがいた。しっかりとチャージして捕球すると、「ここは俺の仕事だ」と言わんばかりに右腕をぶん回す。放たれた矢のような送球はワンバウンドで捕手にストライク送球。間一髪で突っ込んできた二塁走者をアウトにしたのだ。

 投手になった外野手を、外野手になった投手が救うという珍事。スタジアムも大盛り上がりとなった瞬間を、MLB公式インスタグラムは「ビンセント・ベラスケスがレフトでプレー。ホームで走者を刺殺」と題し、動画付きで公開。さすが投手と拍手を送りたくなるような場面に対し、目の肥えた米ファンもコメント欄で反響を寄せている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集