[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「バケモノだ」 美しき“右手一本弾”に米驚愕「うおっ。これを片手で!」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地オリオールズ戦で後半戦初となる15号ソロを放った。変化球にタイミングをずらされながら、右手一本で中堅まで叩き込んだ一発。球団が動画付きで公開すると、米ファンから「なんてエレガントなスイング」「うぉっ。これを片手で!」「バケモノだ」と驚きの声が上がっている。

右手一本で本塁打の大谷翔平【写真:Getty Images】
右手一本で本塁打の大谷翔平【写真:Getty Images】

タイミングをずされながら放った圧巻15号「とにかくクレイジーなパワー」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地オリオールズ戦で後半戦初となる15号ソロを放った。変化球にタイミングをずらされながら、右手一本で中堅まで叩き込んだ一発。球団が動画付きで公開すると、米ファンから「なんてエレガントなスイング」「うぉっ。これを片手で!」「バケモノだ」と驚きの声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 大谷のホームランには「驚き」という表現が付いて回る。この日の驚きはフォロースルーだ。4-5で迎えた3回先頭、先発右腕ブルックスのスライダーに反応。低く沈んだ球にタイミングをずらされながら、最後は右手一本で振り抜いた。しかし、軽やかなスイングとは裏腹に打球はぐんぐん伸びる。大きな放物線を描いた白球は中堅フェンスを越え、圧巻の同点弾となった。

 この日は「ジャパンデー」と銘打たれ、日本にまつわるイベントも行われていた。そんな日に“主役”である大谷が千両役者ぶりを発揮。60打席ぶりに放った一発でエンゼルスタジアムを大いに盛り上げたが、球団公式インスタグラムは「このShoにときめき」とつづって実際のシーンを動画付きで公開。ファンからも感嘆の声が漏れている。

「なんてエレガントなスイング」
「うぉっ。これを片手で!」
「とにかくクレイジーなパワー」
「いつも簡単に運んでる」
「バケモノだ」
「どれくらい飛んだ?」
「ただただ彼は上手い」

 コメント欄は大盛り上がりとなっていた。チームは7-8で敗れ、3連敗となったが、大谷に後半戦初アーチが飛び出したことはチームにとっても明るい材料だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集