[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、感謝の2連覇 「泣くはずじゃなかったけど…」涙が流れたワケ

バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は28日に最終日を迎え、男子シングルスの決勝は、桃田賢斗(NTT東日本)が2-0(21-16、21-13)でジョナタン・クリスティー(インドネシア)を破って、2連覇を果たした。コート上でインタビューを受けた桃田は「先週は(2回戦敗退で)結果が出ず、連覇できるか自信がなかったけど、コートに入って、こんなに応援してもらって……」と話したところで言葉に詰まり、涙ぐんだ。

涙の大会連覇を遂げた桃田賢斗【写真:平野貴也】
涙の大会連覇を遂げた桃田賢斗【写真:平野貴也】

ストレート勝ちで連覇達成、コート上で涙「こんなに応援してもらって…」

 バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は28日に最終日を迎え、男子シングルスの決勝は、桃田賢斗(NTT東日本)が2-0(21-16、21-13)でジョナタン・クリスティー(インドネシア)を破って、2連覇を果たした。コート上でインタビューを受けた桃田は「先週は(2回戦敗退で)結果が出ず、連覇できるか自信がなかったけど、コートに入って、こんなに応援してもらって……」と話したところで言葉に詰まり、涙ぐんだ。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 試合は、持ち味を十分に見せての完勝だった。「相手が最初から攻めてくるかと思っていたけど、ラリーで勝負ができた」と桃田が話したように、序盤から得意の展開に持ち込めた。8-8までは競っていたが、相手にコート後方から強打を打たせ、コントロールレシーブでネット前に落とす得意のプレーも見られ、相手に点差を詰める機会を与えずに押し切った。

 第2ゲームは、力強いスマッシュで10点を奪ってから、インターバルを挟んでスピードを上げ、圧巻の7連続得点。20-11でマッチポイントを迎えると、観衆が勝利の瞬間を待ち切れないというように拍手で後押し。そこから2点を奪われたが、最後は相手のショットがアウト。桃田がラケットをその場に放る姿は、大きな期待を背負う重圧からの解放を意味するかのようだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集