[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

超逸材24歳デービスV5、衝撃273秒KOに米絶賛「タイソンみたい」「ロマ戦はいつだ?」

ボクシングのIBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は27日(日本時間28日)、ガーボンタ・デービス(米国)がリカルド・ヌニェス(パナマ)に2回1分33秒TKO勝ち。最後は猛烈ラッシュで5度目の防衛を達成した瞬間を米メディアが動画付きで公開すると、次世代のスター候補に対し、「この子はえぐい!」「ロマチェンコ戦はいつ見られる?」「タイソンみたいなパンチだ」と絶賛が相次いでいる。

TKO勝ちしたカーボンタ・デービス【写真:AP】
TKO勝ちしたカーボンタ・デービス【写真:AP】

2回1分33秒TKO勝ち、最後は猛烈ラッシュで決着…米メディア「デービスは容赦ない」

 ボクシングのIBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は27日(日本時間28日)、ガーボンタ・デービス(米国)がリカルド・ヌニェス(パナマ)に2回1分33秒TKO勝ち。最後は猛烈ラッシュで5度目の防衛を達成した瞬間を米メディアが動画付きで公開すると、次世代のスター候補に対し、「この子はえぐい!」「ロマチェンコ戦はいつ見られる?」「タイソンみたいなパンチだ」と絶賛が相次いでいる。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 米ボクシング界次世代のスター候補が、異次元の強さで熱狂を巻き起こした。2回中盤、接近戦に持ち込んだデービスは至近距離から強烈な左フックを顔面にヒット。一気に相手をぐらつかせると、視線をさらにぎらつかせた。ここを逃すまいと、コーナーに追い詰め、猛然とラッシュ。会場に熱狂が沸き起こる中、再び左をクリーンヒットさせた。

 致命的な一撃となり、レフェリーがストップ。圧巻のTKO勝ちだ。かかった時間はわずか273秒。その才能を証明するに相応しい戦いぶりで5度目の防衛を達成してみせた。首を振り、呆然とするしかないヌニェスに対し、デービスは歓喜を爆発させ、リング上で己の強さを誇示していた。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」公式インスタグラムは「WBAスーパーフェザー級王者ガーボンタ・“タンク”・デービスは容赦ない」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。衝撃的な決着の瞬間を目の当たりにし、度肝を抜かれたファンからはコメント欄で驚きの声が続々と漏れている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集