[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

長身ナガマツ、五輪女王タカマツ破って初V王手「相手に向かっていく気持ちで臨んだ」

高さを生かした強打で、五輪女王を打ち破った。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は27日に各種目の準決勝を行い、女子ダブルスの日本勢対決は、松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)が2-0(21-16、21-19)で高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)を破って決勝進出を決めた。松本は「相手に向かっていく気持ちで臨んだ。攻撃には自信があったので、守備でしのいで、チャンスが来たときに攻めようと思った」と手ごたえを語った。

初優勝に王手をかけた松本、永原ペア【写真:平野貴也】
初優勝に王手をかけた松本、永原ペア【写真:平野貴也】

松本、永原組が高橋、松友組にストレート勝ち「チャンスが来たときに攻めようと」

 高さを生かした強打で、五輪女王を打ち破った。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は27日に各種目の準決勝を行い、女子ダブルスの日本勢対決は、松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)が2-0(21-16、21-19)で高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)を破って決勝進出を決めた。松本は「相手に向かっていく気持ちで臨んだ。攻撃には自信があったので、守備でしのいで、チャンスが来たときに攻めようと思った」と手ごたえを語った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 第1ゲームは「ナガマツ」がリードして「タカマツ」が追いかける展開だったが、2点差以上はつかない拮抗した戦いだった。「ナガマツ」ペアは、2度目のチャレンジ(映像を使用した再判定)に成功して15-13とした後の16点目を松本のプッシュで奪い、初めて3点差のリードを奪った。「タカマツ」ペアも一度攻撃の形を作ると、相手にペースを渡さない巧みさを見せていたが、最後は「ナガマツ」ペアが高さを生かした強打を連発して21-16で押し切った。

 第2ゲームは、松本、永原が早々にリードを奪った。12-6とリードした後、13-9からは5連続得点。守備で無理をせず、相手がクリアを打ったら連続攻撃を徹底して仕掛け、持ち味を発揮した。しかし、19-13としたところから、高橋、松友が猛追。高橋は「高い球を上げないようにしていたけど、同じことをずっと続けてもいけない」と相手の強打を恐れずに高い球を使って、コート奥へ相手を押して行くと、松本、永原も攻め急ぎによるミスで主導権を失う場面が出始めた。試合展開を変えて流れを引き込むのは、経験値の高い「タカマツ」ならではの切り替えだ。しかし、松本、永原は20-17から2連続失点をしても、最後は攻め切るという覚悟を貫き、松本が後衛から強打を連発して、21点目を奪い切った。

 松本、永原の「ナガマツ」ペアは、昨年の世界選手権覇者。4月末に五輪レースが始まってから、個人戦では2大会連続の8強止まりだったが、注目の日本勢対決も制して決勝まで進んだ。永原は「今年の大会では、決勝に3回進んで一度も勝っていなくて、悔しい思いをしている」と地元・日本での今季初優勝にかける姿勢を示した。日本の女子ダブルスは、同国最大2枠の東京五輪出場権争いが激しく、五輪レースでは「タカマツ」や前週のインドネシアオープンを優勝した福島由紀、廣田彩花組(アメリカンベイプ)に先を行かれる格好で「自分たちの形が出せていない」と悩むような様子も見えた松本、永原だが、これまで持ち味を発揮できずに敗れることの多かったジャパンオープンで初優勝を果たせれば、上昇の機運はさらに高まる。翌28日の決勝戦では、キム・ソヨン、コン・ヒヨン組(韓国)と対戦する。強打でタイトルをつかみにいく。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集