[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、2回戦敗退から日本で出直し 五輪会場で地の利味方に「応援を力に変える」

桃田が力強く連覇を宣言した。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」が23日から東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる。同大会は、2020年東京五輪の出場権獲得レースで重要な意味を持つ。

桃田賢斗【写真:平野貴也】
桃田賢斗【写真:平野貴也】

23日からダイハツヨネックスジャパンオープン開幕

 桃田が力強く連覇を宣言した。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」が23日から東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる。同大会は、2020年東京五輪の出場権獲得レースで重要な意味を持つ。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 五輪出場権は、約1年間の成績が反映される2020年4月末の世界ランクで決まる。すでに対象期間に入っており、各大会に設定されたランキングポイントを稼ぐレースが始まっている。今大会は、BWF(国際バドミントン連盟)のワールドツアーの中で、2番目のランクで年間に5大会しかないスーパー750に格付けされており、高いポイントが設定されている。桃田としては、好成績を残したい大会だ。前週には、年間3大会しかないスーパー1000のインドネシアオープンで連覇を狙ったが、2回戦で世界ランク29位の中国人選手に敗れる番狂わせに飲み込まれてしまった。

 桃田は「前の週(インドネシアオープン)は、自分の中で納得いく試合ができなかったので、地元の皆さんの応援を力に変えて、納得いく試合ができるように、一球一球、気持ちを込めて戦い抜きたい。少しでも早く五輪の出場権を獲得したいという気持ちから、勝たなければいけないという気持ちになってしまい、競った場面で弱気になってしまった。今大会でも同じような場面があると思うが、今週は、自分から逃げずに強い気持ちを持ってプレーしたい」と出直しを誓った。

 約1年にわたって世界ランク1位をキープしている桃田に対するプレッシャーは、強まるばかりだ。研究してくる相手も増えてくる。ただし、今回は「地の利」がある。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集