[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国世界水泳、スタート台不具合に米も疑問符「問題は明らか」 異例の“復活措置”も

世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。第2日(22日)の男子100メートル背泳ぎでは、スタート台の不具合によってスタートに手間取る選手が続出。シモーネ・サッビオーニ(イタリア)はスタートのための足場が壊れスタートできず、たった一人で予選をやり直し通過。またディラン・カーターも(トリニダード・トバゴ)も同様のトラブルのため再計測し、予選16位で準決勝進出するなど、ドタバタが相次いでいる。

ディラン・カーター【写真:Getty Images】
ディラン・カーター【写真:Getty Images】

100メートル背泳ぎ予選、トラブルで再計測した選手が準決勝進出

 世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。第2日(22日)の男子100メートル背泳ぎでは、スタート台の不具合によってスタートに手間取る選手が続出。シモーネ・サッビオーニ(イタリア)はスタートのための足場が壊れスタートできず、たった一人で予選をやり直し通過。またディラン・カーターも(トリニダード・トバゴ)も同様のトラブルのため再計測し、予選16位で準決勝進出するなど、ドタバタが相次いでいる。

 1人だけでレース――。ありえないようなトラブルで異例の光景が広がった。日本の入江陵介(イトマン東進)が全体5位で夜の準決勝に進んだ100メートル背泳ぎで、問題となったのはスタート台の器具だった。スタート直前に足を掛ける部分がずれるなどのアクシデントが発生。これにより、タイムを再計測する選手が出て、さらに準決勝進出者が入れ替わるなど、異例の事態となった。

 米水泳専門メディア「SWIM SWAM」でも「ディラン・カーターは0.1秒抜き去り、トリニダード・トバゴの記録を樹立するために再び泳いだ」と題した記事で、この事態に触れている。

 記事ではサッビオーニに続いて、カーターが同様の事態に見舞われたことを紹介。その上でカーターは2度目の泳ぎで、従来のトリニダード・トバゴ記録を破る、54秒03の記録をたたき出したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集