[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“黄金の左足”久保建英、上々デビュー マルカ紙賛辞「ゲーム読む力は突出していた」

海外サッカーのスペインリーグ1部レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英が20日(日本時間21日)、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦のバイエルン・ミュンヘンで後半から出場。レアルデビューを飾った。17分にはスルーパスで絶好機を演出するなど、輝きを放った18歳の至宝。スペイン紙も「黄金の左足」「最も良かった」などと絶賛している。

実戦デビューを飾った久保建英【写真:Getty Images】
実戦デビューを飾った久保建英【写真:Getty Images】

スペイン紙がデビュー戦を特集、「黄金の左足」と題して脚光

 海外サッカーのスペインリーグ1部レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英が20日(日本時間21日)、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦のバイエルン・ミュンヘンで後半から出場。レアルデビューを飾った。17分にはスルーパスで絶好機を演出するなど、輝きを放った18歳の至宝。スペイン紙も「黄金の左足」などと絶賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 上々のデビューだった。後半から背番号26を着けてピッチに登場した久保。見せ場がやってきたのは17分。中央でパスを受けると、ヴィニシウスへスルーパスを供給し、絶好機を演出するなど、45分間のプレーで存在感を発揮した。

 デビューを受けて、スペイン紙「マルカ」も特集。「黄金の左足」と題した記事では、久保の活躍をトップで伝えた。

 記事では「後半に入り出場したクボは好プレーを披露」とレポートし、「後半に背番号26を背負って出場したクボは、彼の年齢にしては堂々としていた。最も良かったのは彼の左足だ。ボールの扱いは見事で、ゲームを読む力は突出していた」と拍手を送っている。

 さらにBチームは「彼にとって物足りないだろう」とトップチームで十分にプレーできると素質に太鼓判。「クボ、本人はタケと呼ばれたいみたいだが、彼はクラックだ」と賛辞を並べている。

 試合には敗れたが、デビュー戦でインパクトを残した久保。“白い巨人”で確かな一歩を歩み出した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集