[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

拳四朗、4回TKO勝ちでV6「もっと強い相手とやりたい」 会場から「次は京口や~」の声も

ボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが、12日にエディオンアリーナ大阪で行われ、王者・拳四朗(BMB)が6度目の防衛に成功した。同級1位の指名挑戦者ジョナサン・タコニン(フィリピン)に4回1分0秒TKO勝ち。ライトフライ級の世界戦では、歴代単独3位のV6となった。

拳四朗が6度目の防衛に成功【写真:Getty Images】
拳四朗が6度目の防衛に成功【写真:Getty Images】

指名挑戦者タコニンを返り討ち、現役世界王者の最多防衛数も更新

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが、12日にエディオンアリーナ大阪で行われ、王者・拳四朗(BMB)が6度目の防衛に成功した。同級1位の指名挑戦者ジョナサン・タコニン(フィリピン)に4回1分0秒TKO勝ち。ライトフライ級の世界戦では、歴代単独3位のV6となった。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 昨年末に5度目の防衛を成し遂げた27歳。6度の防衛を果たし、ライトフライ級では元WBA王者・渡嘉敷勝男を超え、日本歴代1位の13戦連続防衛記録を持つ元WBA王者・具志堅用高、7度の元WBA・IBF統一王者・田口良一に次ぐ歴代3位となった。

 初回、拳四朗はサウスポー相手にジャブで先行。ガードの合間を縫う右アッパーを入れた。2回、一気に距離を詰めて拳を振り回してくる挑戦者。王者はすかさず左ボディーを叩き込んだ。巧みなバックステップで有効打を許さない得意の展開。3回は多彩な角度からジャブを当て、ひるんだ相手に連打をまとめた。しかし、互いの頭がぶつかったところでインターバルが取られた。

 タコニンが偶然のバッティングで右目上をカット。WBC独自のルールにより負傷のない拳四朗が1点減点となった。だが、4回開始すぐだ。減点もお構いなしに右を叩き込んでダウンを奪った。挑戦者は立ち上がったが、試合続行は不可能。拳四朗がベルトを死守した。

「いや~、すごい大きな歓声でこの場にいるのがすごい気持ちいいです! ありがとうございます! でも、思ったよりパンチをもらっちゃって、強い選手で焦っちゃったけど、ラスト勝ててよかった。目標は具志堅さん。(防衛回数は)まだ半分くらい。これからももっと強くなりたい。これからは本当にもっと強い相手とやりたい。もっと勝って、みんなにかっこいいと言われたい」

 リング上のインタビューではトレードマークの笑顔を炸裂させた拳四朗。会場からは「次は京口や~!」と統一戦を望む歓声が飛んだ。

 現役世界王者の最多防衛数も伸ばした。同級では最強の呼び声が高く、長期政権を築き「統一戦を見据えている」と他団体王者とのビッグマッチを熱望。現在の同級には、WBAスーパー王者に京口紘人(ワタナベ)、WBA王者にカルロス・カニサレス(ベネズエラ)、WBO王者にエルウィン・ソト(メキシコ)、IBF王者にフェリックス・アルバラード(ニカラグア)が君臨している。

 拳四朗は6月の京口の初防衛戦(幕張メッセ)を生観戦。この日の会場には、京口も視察に訪れていた。団体を超えた最強王者を決める戦いは近いかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集