[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、宿敵と2か月半ぶり対面「特別な気持ちない」 ブラント「覚悟決めてきた」

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ(7月12日、エディオンアリーナ大阪)の予備検診が9日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。前王者・村田諒太(帝拳)は身長183.0センチ、リーチ189.0センチ、首回り40.0センチ、胸囲99.0センチ。王者ロブ・ブラント(米国)は身長182.0センチ、リーチ192.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲103.0センチだった。

村田諒太【写真:浜田洋平】
村田諒太【写真:浜田洋平】

「7.12」大阪で約9か月ぶり再戦、両者とも異常なし

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ(7月12日、エディオンアリーナ大阪)の予備検診が9日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。前王者・村田諒太(帝拳)は身長183.0センチ、リーチ189.0センチ、首回り40.0センチ、胸囲99.0センチ。王者ロブ・ブラント(米国)は身長182.0センチ、リーチ192.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲103.0センチだった。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 両者は昨年10月に米ラスベガスで対戦し、王者として2度目の防衛戦に臨んだ村田は、挑戦者ブラントに大差判定負けを喫して王座陥落した。約9か月ぶりの再戦が決まり、4月25日の試合発表会見以来の対面となったが、村田は「特別な気持ちはない」とコメント。「何年間も通して体も変わることはない。いつも通り。ここまでの練習は最高のものができた。自信はある。ただ、計量もあるし、試合当日まで気を引き締めたい」と意気込んだ。

 ブラントは2月に初防衛成功。日本の世界戦特有の予備検診に初めて臨み「最高の気分ですし、体調も順調に調整できている。今までにないくらいいい状態だ。彼(村田)もとても順調に仕上げている印象。最高の状態で来ると予想していた。彼はリベンジを目指してきたが、自分の腕が最終的に挙がることを期待している。日本に来て大きな試合。この一瞬を楽しんでいる。この試合に向けて覚悟を決めてきた」と話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集