[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンら最強100m決戦に汗だく500人列 先頭男性“14時間待ち”「決勝見たい」

男子100メートルで盛り上がる陸上日本選手権の第2日(福岡・博多の陸上森競技場)が9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)が出場し、史上初の日本勢9秒台対決となる。今秋の世界選手権代表(9月27日開幕・ドーハ)を懸けて争う頂上決戦で早くもフィーバーが巻き起こっている。

会場には長蛇の列ができあがった【写真:奥井隆史】
会場には長蛇の列ができあがった【写真:奥井隆史】

男子100メートル決勝は午後8時30分スタート、史上初9秒台決着の期待も

 男子100メートルで盛り上がる陸上日本選手権の第2日(福岡・博多の陸上森競技場)が9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)が出場し、史上初の日本勢9秒台対決となる。今秋の世界選手権代表(9月27日開幕・ドーハ)を懸けて争う頂上決戦で早くもフィーバーが巻き起こっている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 時折日差しが照り付け、気温30度近く上がった福岡市博多区の同競技場。団扇やタオル必須の汗だくになる梅雨の蒸し暑さ。しかし、会場には平日にも関わらず、入り口前には午後2時の開門までに約500人の長蛇の列ができあがった。先頭に並ぶ男性は、なんと午前6時20分から待機する盛況ぶり。福岡市西区から駆け付け、今か今かと開門を待ち「100メートルと400メートルの決勝を見たくて来ました。開門まで8時間くらいありましたね。(並んでいる途中で)散歩に行っちゃうくらい」と笑った。

 この日の最終競技となる男子100メートル決勝は、午後8時30分スタート。お目当てのレースまで14時間10分も待つことになるが、そんな苦労もいとわなくなるほど注目度の高い勝負のようだ。

 決勝にはサニブラウン、桐生の他に、小池祐貴(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)など自己ベスト10秒10を切る選手がズラリ。昨年9月7日以降に参加標準記録10秒10を切っている選手が優勝すれば、日本代表に内定するだけに激しい火花が散りそうだ。日本初の9秒台決着の期待もかかるレースが、早くも盛り上がりを見せている。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集