[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

153.9mの衝撃― 計測史上最長弾は米で反響拡大「途方もない一発」「不条理だ」

米大リーグ、レンジャーズのノマー・マザラ外野手が21日(日本時間22日)、本拠地ホワイトソックス戦で505フィート(約153.9メートル)という特大の一発をマーク。これはMLB解析システム「スタットキャスト」によると、計測を開始した2015年以降では最長タイの本塁打となった。MLBが歴史的な超特大弾を動画付きで公開。目の当たりにしたファンを仰天させていたが、現地メディアも「衝撃的」「途方もない一発」など続々と報道。驚きが拡大している。

505フィート弾を放ったノマー・マザラ【写真:AP】
505フィート弾を放ったノマー・マザラ【写真:AP】

レンジャーズ・マザラの153.9m弾を現地メディアも続々報道

 米大リーグ、レンジャーズのノマー・マザラ外野手が21日(日本時間22日)、本拠地ホワイトソックス戦で505フィート(約153.9メートル)という特大の一発をマーク。これはMLB解析システム「スタットキャスト」によると、計測を開始した2015年以降では最長タイの本塁打となった。MLBが歴史的な超特大弾を動画付きで公開。目の当たりにしたファンを仰天させていたが、現地メディアも「衝撃的」「途方もない一発」など続々と報道。驚きが拡大している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 音が違う。打球速度が違う。マザラの観る者の度肝を抜く、驚愕の一撃は初回、2死一塁の場面だった。ホ軍の先発右腕・ロペスの1ボールからの2球目。94.7マイル(約152キロ)の高め直球を完璧に捉えた。右翼手は一歩も動けない。打球はライトスタンド2階席のさらに最上段に突き刺さる、驚きの飛距離の先制10号2ランとなった。

 MLBは公式ツイッターで「505フィート」と飛距離を記し、動画付きで公開。スタットキャストによると、飛距離505フィートは昨年9月にロッキーズのトレバー・ストーリーがマークした一撃に並ぶ、計測史上最長飛距離に現地は騒然としている。

 米ヤフースポーツは「レンジャーズのノマー・マザラが衝撃的な505フィートのホームランで記録に並ぶ」「ノマー・マザラがもう少しでスタットキャストを破るところだった」と衝撃の大きさを伝えると、MLBも公式サイトで「マザラの505フィートホームランで目の保養をしよう」と題して、実際の本塁打シーンを動画付きで詳報。「“完璧な当たり”がスタットキャスト史上最長に並ぶ」と伝えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集