[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

まさに精密機械 CY賞右腕のチェンジアップが「エグい」と話題…米驚愕「何だこりゃ」

米大リーグ、メッツの昨季のサイ・ヤング賞ジェイコブ・デグロムが18日(日本時間19日)のブレーブス戦に先発。初回にチェンジアップを抜群のコースに制球し、見逃し三振を奪うシーンをチームが動画付きで公開。「エグい投球だ」「えげつない」などと驚愕を誘っている。

ジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】
ジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】

昨季のサイ・ヤング賞右腕デグロムが見事な制球力で称賛浴びる

 米大リーグ、メッツの昨季のサイ・ヤング賞ジェイコブ・デグロムが18日(日本時間19日)のブレーブス戦に先発。初回にチェンジアップを抜群のコースに制球し、見逃し三振を奪うシーンをチームが動画付きで公開。「エグい投球だ」「えげつない」などと驚愕を誘っている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 この1球にデグロムの凄さが凝縮されていた。初回、1死二塁の場面で打席には好打者フリーマン。フルカウントからの6球目だ。内角へ投じたボールは打者のひざ元へ沈む92マイル(約148キロ)のチェンジアップ。フリーマンは手が出ない。内角低め一杯のストライクゾーンに見事に制球されていた。

 続くスワンソンも遊ゴロに打ち取り、先制のピンチを切り抜けたデグロム。精密機械のような制球力を披露したシーンを、メッツが公式インスタグラムで動画付きで脚光。針の穴を通すような一球にファンからも驚きの声が続出している。

「エグい投球だ」
「こんなのフェアじゃない」
「何だこりゃ」
「えげつない」
「これは普通じゃない。何かがオカシイぞ」

 さらには「凄い投球だが、フレーミングは過小評価されている」と捕手のニドのフレーミングを称賛する声も上がっていた。

 昨季は防御率1.70、269奪三振の記録を残し、10勝ながらサイ・ヤング賞を受賞したデグロム。今季は3勝6敗とやや精彩を欠いているが、この試合はスコアボードに0を並べている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集