[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

すぐに痩せたい夏、その「置き換えダイエット」は大丈夫? オススメは“夕食”にあり

忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

栄養の観点からオススメの「置き換えダイエット」とは(写真はイメージ)
栄養の観点からオススメの「置き換えダイエット」とは(写真はイメージ)

連載「働く人の食事術」―どうせするなら「具沢山スープダイエット」を

 忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

 薄着になり、よりダイエット意識が高まる夏。最近は「酵素ダイエット」といった、いわゆる「置き換えダイエット」が流行っているが、意外な盲点も……。橋本氏が解説し、栄養の観点からオススメの「置き換えダイエット」を提案してくれた。

 ◇ ◇ ◇

「1か月で痩せたい」「2週間で痩せたい」。夏が近づくと、短期間にスリムになりたいという気持ちがムクムクと沸き上がります。

「すぐに痩せたい」という方が、つい手を出しがちなのが、いわゆる「置き換えダイエット」。卵、りんご、バナナ、ヨーグルトなど、一食一品だけ食べる“単品ダイエット”や食事代わりのドリンクやスープを飲んで痩せるという方法です。

 近年では、食事を酵素ドリンクに置き換える「酵素ダイエット」が、ダイエッターの間で人気。なぜか“酵素を飲むと痩せる”というイメージがあるようですが、酵素の正体はアミノ酸。「魔法のヤセ薬」ではありません。もしも、これを飲んで「痩せた」のであれば、酵素ドリンクだけの食事のために摂取カロリーが減り、体重が一時的に落ちたのだと思います。

 単純にカロリーを急に減らせば、体重は落ちますが、体に必要なエネルギーは不足。元気がなくなり、疲れがたまったり、便秘になったりします。さらに、集中力、スタミナの低下と仕事にも支障をきたすことに。女性の場合は無月経や骨粗鬆症にもつながります。

 何よりも極端な食事制限は長続きしないので、一時的に落ちた体重もすぐリバウンドします。結局、体を痛めつけるだけで、何も身になりません。

 また、酵素はアミノ酸ではありますが、「酵素を摂っているから肉は食べなくても大丈夫」という単純な話でもありません。肉は肉、魚は魚、酵素サプリは酵素サプリ。他のサプリメント同様、食事だけでは足りない栄養素を補う補助食品として、利用してくださいね。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集