[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、衝撃KOに海外メディア絶賛の嵐「獰猛ボディショット」「PFP最強の議論白熱」

世界各国に衝撃が波及「獰猛な左打ち付けた」「PFP最強の議論白熱」

 一方、オーストラリアメディア「News.com.au」も「ボクシングのモンスター、ナオヤ・イノウエは本物だ」と速報し、最初のダウンを奪った左のフックに脚光。「獰猛な左を顔面に打ち付け、相手を倒した直後のリスタートのボディショットで仕留めた」と報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 そして、「これが4試合連続の3回以内KO勝利となった。彼が2019年のボクシング界最強のパウンド・フォー・パウンドであるかどうかの議論が白熱している」と報じ、PFP最強の呼び声も高まっていることを紹介した。

 ドイツスポーツ専門テレビ局「シュポルト1」は「イノウエがWBSS決勝に嵐のように突き進む」と速報。「1ラウンド、観衆は拮抗したファイトを楽しんだ。2ラウンドで事態は加速した。ロドリゲスはさらに前に出たが、イノウエから残酷な左フックを浴び、初のダウンを味わった」と戦況を伝えた。

 さらに「強烈な右フックを受けると、試合はその時点で実質終わっていた。レフリーはほどなく試合をストップした」とレポート。また、スペイン地元紙「AS」は「イノウエにブレーキなし。マニー・ロドリゲスを2回KO」、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.comは「ナオヤ・イノウエが2ラウンドでエマヌエル・ロドリゲスを破壊」とレポートした。

 事実上の決勝と目されていた一戦において、ボクシング熱の高い英国で演じた最大のライバル相手の圧巻のKO劇。モンスターは国際的な評価をまたしても高めることになった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集