[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英ら主力数人不選出も 影山監督は成長期待「誇らしいと言われるような戦いを」

日本サッカー協会は7日、都内のJFAハウスで記者会見を行い、「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」(5月23日~6月15日)に臨む21名のメンバーを発表し、すでにJリーグで活躍している東俊輝(広島)、齊藤未月(湘南)らのほか、現役高校生のFW西川潤(桐光学園高)、DF鈴木彩艶(浦和ユース)ら21名が選出された。

齊藤未月(左)と東俊希【写真:Getty Images】
齊藤未月(左)と東俊希【写真:Getty Images】

5月23日開幕のU-20W杯のメンバー発表

 日本サッカー協会は7日、都内のJFAハウスで記者会見を行い、「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」(5月23日~6月15日)に臨む21名のメンバーを発表し、すでにJリーグで活躍している東俊輝(広島)、齊藤未月(湘南)らのほか、現役高校生のFW西川潤(桐光学園高)、DF鈴木彩艶(浦和ユース)ら21名が選出された。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 南米選手権ブラジル大会(6月14日開幕)に参加するフル代表への選出がうわさされているMF久保建英(FC東京)、MF安部裕葵(鹿島)、GK大迫敬介(広島)は、この世代の主力だが、選出されなかった。関塚隆JFA技術委員長は、不選出組に対する質問に対し「今日は(U-20)世界大会に臨むメンバーの発表。影山監督の下で戦う選手にフォーカスを当てていただきたい」と言及を避けた。

 U-20ワールドカップは、影山雅永監督が「南米、欧州、アジアでは、それぞれに大会の重要性は、違うかもしれない。我々は島国で、欧州のように車で1時間の移動で隣国の代表やクラブチームと戦える日常にはなく、U-17、U-20のワールドカップや遠征の機会は、かなり貴重で不可欠。U-20ワールドカップに出場することと、出場した先でできるだけ多くの試合をして、これから世界のトップに出ていく選手たちと伍して戦えるのか、その先にいけるかというギリギリで、すべてを出して戦えることは、ほかの国より重要」と話したように、将来を見越した上で重要な大会だ。

 日本は、前回の2017年韓国大会に5大会ぶりに出場し、ベスト16入り。主力として活躍したMF堂安律(フローニンゲン=オランダ)、DF冨安健洋(シントトロイデン=ベルギー)らは、現在のフル代表に選出されている。今回のU-20ワールドカップも、2022年ワールドカップカタール大会を見越して重要になる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集