[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「頼むから二度としないで…」 「代走・投手」の“激走ヘッスラ生還”に米ファン賛否

米大リーグで投手のハッスルプレーが話題だ。ブレーブスの有望株、マックス・フリード投手が5日(日本時間6日)の敵地マーリンズ戦の延長10回に代走で出場。一塁から必死の走塁で一気に本塁に突入。ヘッドスライディングで生還するシーンをブレーブスが動画で公開すると、ファンからは賛否の反響の声が上がっている。

マックス・フリード【写真:Getty Images】
マックス・フリード【写真:Getty Images】

ブレーブスの若手有望株フリードのハッスルプレーが話題

 米大リーグで投手のハッスルプレーが話題だ。ブレーブスの有望株、マックス・フリード投手が5日(日本時間6日)の敵地マーリンズ戦の延長10回に代走で出場。一塁から必死の走塁で一気に本塁に突入。ヘッドスライディングで生還するシーンをブレーブスが動画で公開すると、ファンからは賛否の反響の声が上がっている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 このプレー是か非か――。話題を呼んでいるのはブレーブスの若手有望株のハッスルプレーだ。1-1の延長10回無死一塁の場面でドナルドソンに代わって代走で出場。続くインシアルテがバントの構えからバスターで三塁線を破った。

 長打コースとなった打球にフリードは激走した。投手離れした快足を飛ばし加速。三塁ベースも蹴って一気に本塁へ突入。ヘルメットが脱げかけながらも、懸命に生還を狙う。そして頭からホームベースに突っ込んだ。

 タイミングは完全にアウトだったが、気迫にも押されたのか、相手捕手がボールをこぼす間に利き腕の左手を伸ばし、見事にセーフ。勝ち越し点をもぎ取って見せたのだ。

 フリードの気迫の走塁を、ブレーブスは公式ツイッターに「投手はアスリートだ」と記して動画を公開。ファンからはハッスルプレーを称える声と同時に、投手だけにアクシデントを心配する声も上がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集