[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

目が飛び出したかと… 痛~い“悲劇のハイタッチ”に海外反響「史上最速のケガ?」

海外サッカーで“史上最速の負傷”が話題を呼んでいる。途中出場した選手が味方と交代してピッチに入る際、ハイタッチが目付近を直撃し、治療する事態に。海外メディアが実際の瞬間を動画付きで紹介していたが、反響は拡大。「史上最速のケガか?」と紹介される一方、本人は「目玉が飛び出したかと思うほどズキズキした」と振り返っている。

海外サッカーで“史上最速の負傷”が話題を呼んでいる
海外サッカーで“史上最速の負傷”が話題を呼んでいる

スウェーデン2部で生まれた珍事、海外メディアも続々反響

 海外サッカーで“史上最速の負傷”が話題を呼んでいる。途中出場した選手が味方と交代してピッチに入る際、ハイタッチが目付近を直撃し、治療する事態に。海外メディアが実際の瞬間を動画付きで紹介していたが、反響は拡大。「史上最速のケガか?」と紹介される一方、本人は「目玉が飛び出したかと思うほどズキズキした」と振り返っている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 “痛い珍事”が生まれたのは、16日のスウェーデン2部、エスタス―ディーゲルフォシュの一戦だった。

 1-1で迎えた後半37分、選手交代でディーゲルフォシュDFマティアス・オズギュンが投入される。サイドライン際に立ち、交代選手を待つ。走って来た選手とハイタッチを交わし、ピッチに走り出した次の瞬間だ。なぜか、右手で顔を覆いながら駆けていく。しかも数メートルいったところで手を挙げ、立ち止まってしまった。

 決定的瞬間を捉え、公開したのは英公共放送「BBC」公式インスタグラムだった。よく見ると、ハイタッチした際に呼吸が合わなかったのか、退く選手の手が目付近に入り、痛めたようなのだ。「これよりずっと酷い選手交代はない」とつづった投稿で実際のシーンを目の当たりにしたファンもコメント欄で驚きの声を上げた。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集