[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、2度転倒で悔しい5位… 坂本花織は3位、トゥクタミシェワが1位

フィギュアスケートの世界国別対抗戦(マリンメッセ福岡)は13日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で世界最高得点を記録した紀平梨花(関大KFSC)が138.37点で5位。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が153.89点で1位、坂本花織(シスメックス)は147.70点で3位だった。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

世界国別対抗戦女子フリー

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(マリンメッセ福岡)は13日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で世界最高得点を記録した紀平梨花(関大KFSC)が138.37点で5位。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が153.89点で1位、坂本花織(シスメックス)は自己ベストを更新する147.70点で3位だった。大会は米国が優勝、連覇を目指した日本は2位だった。

【特集】「風を切る音が心地良くて」 最強レーサーが車いす陸上に魅了された理由 / 車いす陸上 佐藤友祈選手(GROWINGへ)

 紀平は今季、幾度となく世界に驚きを与えた「ビューティフルストーム」に乗せた演技。冒頭の3回転アクセルで転倒した。続く2回転アクセル―3回転トウループ、3回転ループは綺麗に決めた。しかし、後半の連続ジャンプの2本目で転倒するなど、不本意な結果となった。演技後は両手を合わせ、謝るようなポーズを取った。

 紀平は11日に行われたSPで83.97点をマークし、自身が持つ世界最高得点を更新し、フリー、合計でも世界記録更新に期待がかかったが、悔しい結果となった。それでも、シニアデビュー1年目でグランプリ(GP)ファイナルを制すなど、女子を席巻。今季掴んだ収穫と課題を成長の原動力とし、シニア2年目の進化を目指す。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集