[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

投手もできそう!? 476億円男の“155キロ剛送球”に米ファン恍惚「5億ドルの肩だ」

米大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト外野手が96.4マイル(約155.1キロ)のレーザービームを披露し、走者を本塁で刺した。今季、米プロスポーツ史上最高となる12年4億2650万ドル(約476億5000万円)で契約を結んで話題を呼んだスター選手の美技。球団が動画付きで公開すると、ファンから「5億ドルの肩だ」「投手できるかなあ」の声が漏れている。

マイク・トラウト【写真:Getty Images】
マイク・トラウト【写真:Getty Images】

今オフ契約で沸かせた大谷同僚トラウトが圧巻の強肩で反響「投手できるかなあ」

 米大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト外野手が96.4マイル(約155.1キロ)のレーザービームを披露し、走者を本塁で刺した。今季、米プロスポーツ史上最高となる12年4億2650万ドル(約476億5000万円)で契約を結んで話題を呼んだスター選手の美技。球団が動画付きで公開すると、ファンから「5億ドルの肩だ」「投手できるかなあ」の声が漏れている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「476億円男」が肩で魅せた。4日(日本時間5日)のレンジャーズ戦、1-5で迎えた3回1死二塁だ。7番フォーサイスが中前に鋭い打球を放つと、これに反応したのが、中堅手のトラウトだった。背番号27は猛然と前進し、捕球すると無駄のない動きで右腕を振る。放たれた白球は矢のように鋭く、本塁へ。

 ベース手前でワンバウンドさせ、ストライクで捕手のミットに収まった。そして、本塁を狙った走者を悠々とアウトに仕留めたのだ。劣勢の試合展開だったが、一流スターらしい美技を見せつけられた本拠地のエンゼル・スタジアムも割れんばかりの大歓声。大きな喝采が中堅手を守る名手に送られていた。

 MLB動作解析システム「スタットキャスト」によると、この送球は96.4マイル(約155.1キロ)を記録したという。エンゼルス球団インスタグラムは動画付きで公開し、ファンから「5億ドルの肩」「私がいまだに試合を観る理由」「トラウトは投手できるかなあ」とため息の声が漏れていた。

 しかし、この日の試合は4-11で敗れて不振を脱出できず、「4対11が4対12かもしれなかったと言いたいのか」「彼の最盛期を無駄にしている」との指摘もあった。ただ、翌日の5日(同6日)は2本塁打を放ち、チームの連敗「5」でストップに貢献したトラウト。大谷翔平が戻るまで、牽引するのはこの男しかいない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集