[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 張本智和、14歳“初白星” 世界ランク23位に粘りの卓球披露「勝つと決めていた」

張本智和、14歳“初白星” 世界ランク23位に粘りの卓球披露「勝つと決めていた」

卓球の新リーグ「T2アジア太平洋リーグ」(T2APAC)は29日に第1ラウンド2日目が行われ、6月の世界選手権で大会史上最年少で8強入りした世界ランキング39位の張本智和(エリートアカデミー)は、同23位のマティアス・カールソン(スウェーデン)と対戦し、ゲームカウント3-2で勝利を収めた。

T2アジア太平洋リーグに出場、身長188センチのカールソン相手に3-2で試合終了

 卓球の新リーグ「T2アジア太平洋リーグ」(T2APAC)は29日に第1ラウンド2日目が行われ、6月の世界選手権で大会史上最年少で8強入りした世界ランキング39位の張本智和(エリートアカデミー)は、同23位のマティアス・カールソン(スウェーデン)と対戦し、ゲームカウント3-2で勝利を収めた。

同リーグは、世界トップクラスの男女12名(計24名)を国籍に関係なく4チームに分け、男女それぞれシングルス3試合(各24分制限)を行う団体戦で実施。各選手が獲得したゲーム数の多いチームが勝利となる独自のルールが採用されている。「チームJJ」の3番手を担った張本は、1日目で「チームメイス」のアレクサンダー・シバエフ(ロシア)にゲームカウント2-3で試合を終えたが、チームのゲームカウント1-8と大量リードを許した状態で迎えたこの日は、「チームパーソン」のカールソン相手に粘りの卓球を見せた。

第1ゲームはバックハンドショットが冴え、優位にラリーを進めて11-7。しかし、そのまま勢いに乗るかと思われた第2ゲームは、身長188センチの大きな体から繰り出すカールソンの強烈なショットに徐々にミスが増え、8-5から逆転を許して10-11で落とした。第3ゲームも5-11で奪われて迎えた第4ゲーム、序盤にリードを奪うと、一時は同点に追いつかれたが、勝負強さを見せて11-9で取り返した。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー