[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“楽しむ”錦織、ダブルスでの超絶ウイナーが反響拡大 ATPも仰天「何という一撃」

テニスのBNPパリバ・オープンは8日(日本時間9日)、男子ダブルス1回戦で錦織圭(日清食品)、マキシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)組がレイベン・クラーセン(南アフリカ)、マイケル・ヴィーナス(ニュージーランド)組に3-6、5-7のストレートで敗れた。ATP公式中継サイト「テニスTV」は錦織がベースラインぎりぎりから、鋭角に鋭く叩き込むウイナーを動画つきで公開。「ケイが楽しんでいる」と脚光を浴びせていたが、ATP公式も「何という一撃」と驚きをつづっている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

ダブルスで錦織が披露したウイナーにATPも仰天

 テニスのBNPパリバ・オープンは8日(日本時間9日)、男子ダブルス1回戦で錦織圭(日清食品)、マキシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)組がレイベン・クラーセン(南アフリカ)、マイケル・ヴィーナス(ニュージーランド)組に3-6、5-7のストレートで敗れた。ATP公式中継サイト「テニスTV」は錦織がベースラインぎりぎりから、鋭角に鋭く叩き込むウイナーを動画つきで公開。「ケイが楽しんでいる」と脚光を浴びせていたが、ATP公式も「何という一撃」と驚きをつづっている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ゴンサレスと組んだダブルス。慣れない中でも、錦織の放ったスーパーショットが脚光を浴びている。

 第2セット。立て続けに錦織を狙ったショットに対して、見事な反応で連続でリターンすると、相手の頭上を越える好ショットに。相手もふわりとしたロブでリターンしてきたが、結果的にはこれがチャンスボールになった。

 錦織はベースラインぎりぎりから、狙い澄ました強烈なウイナーを相手コートの逆サイドのサイドライン付近へと突き刺した。両手を掲げてガッツポーズする錦織は満面の笑みで、ゴンサレスとハイタッチを交わした。

 圧巻のショットを「テニスTV」が公開していたが、ATPの公式ツイッターも「ケイ・ニシコリによる何という一撃」と題して再び脚光を浴びせている。

 敗れはしたが、ダブルスの舞台でコートの感触は確かめられた。世界ランク52位のアドリアン・マナリノ(フランス)との2回戦へ、収穫はあったはずだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集