[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑も失速の“不公平運営” 7位佐藤幸椰は「これが世界大会でいいのか…」

ノルディックスキーの世界選手権(オーストリア・ゼーフェルト)は1日、ジャンプ男子個人ノーマルヒルで小林陵侑(土屋ホーム)は合計203.4点で14位。1回目で首位に立ったが、2回目は途中から強まった雪の影響で失速した。1回目の上位陣が、後半に飛ぶ2回目で総崩れとなり、1回目27位だったダビド・クバツキ(ポーランド)が優勝。

日本勢最上位の7位となった佐藤幸椰【写真:Getty Images】
日本勢最上位の7位となった佐藤幸椰【写真:Getty Images】

激しい雪で1回目の上位陣総崩れの展開に「チームの一員として悔しいです」

 ノルディックスキーの世界選手権(オーストリア・ゼーフェルト)は1日、ジャンプ男子個人ノーマルヒルで小林陵侑(土屋ホーム)は合計203.4点で14位。1回目で首位に立ったが、2回目は途中から強まった雪の影響で失速した。1回目の上位陣が、後半に飛ぶ2回目で総崩れとなり、1回目27位だったダビド・クバツキ(ポーランド)が優勝。不公平な結果を生んだ運営側に対し、海外メディアで波紋を呼んでいたが、日本勢最上位の7位・佐藤幸椰(雪印メグミルク)は「正直、納得がいかない」と吐露している。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 雪が結果を大きく左右してしまった。1回目首位だった小林陵を含め、上位選手が後半に飛ぶ2回目は激しい雪で助走路が詰まり、後の選手ほど助走速度が落ちる結果に。最後に飛んだ小林陵は全選手で最も遅い86.7キロで降りしきる雪の中、懸命に飛んだが、92.5メートルにとどまり、14位と失速。1回目の上位5選手は全員10位以下と総崩れとなった。

 逆に優勝したダビド・クバツキ(ポーランド)が1回目27位から大逆転を演じるなど、結果的に公平性を欠くような展開になってしまった。海外選手、メディアも不満、疑問の声を続々と上げていたが、日本勢最上位の7位に入った佐藤は自身のツイッターで今回の件に言及している。

「正直、納得がいかない。自分のジャンプどうこうより、2本目のスピード差は疑問に感じないものなのか? これが世界大会でいいのか…。チームの一員として悔しいです。選手にとっては一生記憶に残る規模の大会であるはずなのに…。怪我人が出なかったことは良かったです」とつづった。

 また、小林陵は自身のインスタグラムで「not my day 1から14位まで落ちてショックだけどこうゆう競技だし仕方なよね 3キロ遅くても飛べる練習しなきゃ」(原文ママ)と記した。2年に一度の大舞台とあって、選手が互いに力を出し切れない展開となり、ファンにとってもやり切れない結果となった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集