[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本草太、故障を乗り越えて… 完全復活Vに米記者称賛「彼史上最高のフリーを披露」

フィギュアスケートのチャレンジ・カップ(オランダ・ハーグ)は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の山本草太(中京大)が171.63点をマーク。合計253.87点で優勝した。日本の次代を担う19歳の逸材に対し、米国の名物記者は「自身史上最高のフリー演技を披露」と称賛している。

チャレンジ・カップを制覇した山本草太【写真:Getty Images】
チャレンジ・カップを制覇した山本草太【写真:Getty Images】

チャレンジ・カップ男子を制した19歳に賛辞「彼は正式に戻ってきたと言える」

 フィギュアスケートのチャレンジ・カップ(オランダ・ハーグ)は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の山本草太(中京大)が171.63点をマーク。合計253.87点で優勝した。日本の次代を担う19歳の逸材に対し、米国の名物記者は「自身史上最高のフリー演技を披露」と称賛している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 山本は冒頭の4回転トウループを決めると、以降もミスのない演技を披露。SPに続くトップの得点を記録し、2位に35点差をつけて優勝。鍵山優真(神奈川FSC)とのワンツーフィニッシュを飾った。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は「あなたは見逃した? ソウタ・ヤマモトは彼史上最高のフリー演技を披露し、チャレンジカップを制覇した。彼は正式に戻ってきたと言えるだろう」とレポート。19歳にとって過去最高のフリーを演じ、度重なる右足首の故障から完全復活したと称えている。

 ユースオリンピック優勝などジュニア時代から期待されてきた山本。羽生結弦、宇野昌磨に続く存在の出現が待たれる日本男子において、国際大会のタイトルを自信に変え、さらなる飛躍を期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集