[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウッズ、衝撃の“90度リカバリー”に米メディア喝采 「トライしようとさえ思わない」

男子ゴルフの世界選手権シリーズ、WGCメキシコ選手権は22日(日本時間23日)、2日目が行われた。25位から出たタイガー・ウッズ(米国)は6バーディー、1ボギーの66をマーク。首位のダスティン・ジョンソン(米国)に6打差の8位に浮上した。PGAツアーはウッズが見せた、バンカーからの超絶リカバリーを動画で公開。まさに絶技と言うべき、スライスショットにファンからは「何だこれは?」などと驚愕の声が上がっていたが、海外メディアも続々と脚光を浴びせている。

タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】
タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

バンカーからのスーパーリカバリーを海外メディアも絶賛

 男子ゴルフの世界選手権シリーズ、WGCメキシコ選手権は22日(日本時間23日)、2日目が行われた。25位から出たタイガー・ウッズ(米国)は6バーディー、1ボギーの66をマーク。首位のダスティン・ジョンソン(米国)に6打差の8位に浮上した。PGAツアーはウッズが見せた、バンカーからの超絶リカバリーを動画で公開。まさに絶技と言うべき、スライスショットにファンからは「何だこれは?」などと驚愕の声が上がっていたが、海外メディアも続々と脚光を浴びせている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 これぞ、ウッズの技術が凝縮されたスーパーリカバリーだ。9番ホール。バンカーからの第2打だった。

 ピンまでは約130ヤードだが、グリーン方向には右サイドから木がせり出しており、そのまま狙うことは出来ないシチュエーション。手前の花道に刻むしかないか――。しかしウッズの選択肢は違った。

 思い切ったオープンスタンスからクラブをカット気味に振り下ろすと、サイドスピンをかけられたボールはスライス軌道で見事にグリーンに着弾させた。これだけでも凄いが、さらなる驚きは次の瞬間だ。

 着弾したボールが90度角度を変えてピン方向へ向かったのだ。カップの手前を通り過ぎて、2メートルほどオーバーしたが、ピンチ一転、バーディーチャンスにつけたのだ。

 このミラクルショットをPGAツアー公式インスタグラムは「なんというスイング。なんというショット。タイガー・ウッズ、信じられない」と題して動画で公開。米メディアも続々と称賛を送っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集