[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワ、復活Vも… 米記者が日本行きをトゥクタミシェワと予想する理由

フィギュアスケートのロシア杯ファイナルは22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワが146.01点、合計222.90点で復活の今季初Vを飾った。一方、世界選手権出場(3月・さいたま)に向けて、ロシア勢最後の一枠を争っているエリザベータ・トゥクタミシェワは221.19点で僅差の2位。この結果を受けて、米の名物記者は埼玉行きのチケット掴むのは優勝したメドベージェワではなく、敗れたトゥクタミシェワと予想している。その理由は一体どこにあるのか。

世界選手権の代表を争うトゥクタミシェワ(左)とメドベージェワ【写真:Getty Images】
世界選手権の代表を争うトゥクタミシェワ(左)とメドベージェワ【写真:Getty Images】

復活V飾ったメドベージェワ、世界選手権の3枠目を米記者が予想

 フィギュアスケートのロシア杯ファイナルは22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワが146.01点、合計222.90点で復活の今季初Vを飾った。一方、世界選手権出場(3月・さいたま)に向けて、ロシア勢最後の一枠を争っているエリザベータ・トゥクタミシェワは221.19点で僅差の2位。この結果を受けて、米の名物記者は埼玉行きのチケット掴むのは優勝したメドベージェワではなく、敗れたトゥクタミシェワと予想している。その理由は一体どこにあるのか。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ノヴゴロドのアリーナでメドベージェワが女王の意地を見せつけた。序盤の連続ジャンプで転倒こそしたが、そこから華麗に巻き返した。演技中盤では観客を煽りながらも、見事に演じ切った。141.01点が表示された後はガッツポーズも飛び出し、会場は大歓声に包まれた。

 今回のタイトルで2017年以来、3度目の優勝を目指す世界選手権出場権出場へ、最後のアピールに成功した。世界選手権のロシア代表枠は平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワと欧州選手権Vのソフィア・サモドゥロワがすでに確実視されている中、残り1枠を誰が獲得するのが焦点となっている。

 だが、米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は自らのツイッターで、優勝しながらもメドベージェワの不利を予想している。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集