[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「まさか優勝できるとは…」 フクヒロら離脱の再春館が優勝、「フジカキ」は有終の美

主力選手や指導スタッフの移籍が相次いだ混乱の中から、這い上がった。バドミントンの国内最高峰リーグ「S/Jリーグ2018」は17日にサイデン化学アリーナで最終日を迎え、女子は再春館製薬所が2-1で日本ユニシスを破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。

2年ぶり2度目の優勝を飾った再春館製薬所【写真:平野貴也】
2年ぶり2度目の優勝を飾った再春館製薬所【写真:平野貴也】

フクヒロら選手、スタッフの移籍相次ぐも、残った戦力で頂点に

 主力選手や指導スタッフの移籍が相次いだ混乱の中から、這い上がった。バドミントンの国内最高峰リーグ「S/Jリーグ2018」は17日にサイデン化学アリーナで最終日を迎え、女子は再春館製薬所が2-1で日本ユニシスを破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 再春館は、昨年に女子ダブルス世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(現、岐阜トリッキーパンダース)ら選手、スタッフの移籍が相次ぎ、大幅な戦力ダウンを強いられていただけに、主将の峰歩美も「まさか優勝できるとは……という感じがすごく強い」と驚く躍進だった。

 今大会は、シングルスのエースである山口茜がダブルスを戦ったり、急きょエースダブルスとなった志田千陽、松山奈未組がリーグ全勝を飾ったりと残された戦力をフル活用。決勝戦では、山口がシングルスで勝つことを信じて志田、松山組を第2ダブルスに回したオーダーが奏功し、第1ダブルスは敗れたが、シングルスと第2ダブルスを制して逆転勝利を収めた。

 チームを率いた池田雄一監督は、感涙。「スタッフも減って、私も山田和司コーチも若いが、素晴らしい選手はいるというチーム。自分に何ができるか不安だったけど、少しずつみんなが自立していって、みんなで支え合いながら、頑張って来られた。大変で、不安の中で選手が頑張ってくれて優勝できたので、心が緩んで涙が出てしまった」と1年を通じて成長した姿を見せた選手たちを労った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集