[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

早田ひな、試合中の“独り言”が海外で話題「自分自身に何と言い聞かせている?」

卓球の「ITTFチャレンジプラス ポルトガル・オープン」(リスボン)は17日、各種目の決勝を行い、女子シングルスでは世界ランク42位・早田ひな(日本生命)が同20位の橋本帆乃香(ミキハウス)をフルゲームの死闘の末に破り、頂点に立った。

早田ひな【写真:Getty Images】
早田ひな【写真:Getty Images】

日本人対決を制し優勝した早田の“独り言”に海外脚光

 卓球の「ITTFチャレンジプラス ポルトガル・オープン」(リスボン)は17日、各種目の決勝を行い、女子シングルスでは世界ランク42位・早田ひな(日本生命)が同20位の橋本帆乃香(ミキハウス)をフルゲームの死闘の末に破り、頂点に立った。海外で話題を呼んでいるのは、第4ゲームを奪い返し2-2のタイとした場面だ。身振り手振りを加えながら、しきりに自らに言い聞かせるシーンを国際卓球連盟(ITTF)の公式インスタグラムが動画を公開。ファンの関心を集めている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 先に2ゲームを連取された早田だったが、第3、4ゲームを奪い返し、ゲームカウント2-2のタイに。すると、早田は何かを喋り始めた。誰かに喋りかけているわけではなく、自らに言い聞かせている。左手をしきりに動かし、首を振る。水分補給しながら、左手でラケットを振る仕草を繰り出しながら、自らの動きを再確認。すると納得したように、うんうんと頷いていた。

 ITTFは「ヒナ・ハヤタは自分自身に何と言い聞かせている?」とつづり、実際のシーンを動画で公開。海外ファンは「彼女を打ち負かす」「蝶のように舞い、蜂のように刺す」「なんで全部ネットに引っかかってしまうの?」などと思いを巡らせていた。

 “独り言”で気持ちを入れ直し、フルゲームの末に逆転勝ち。18歳の新鋭が見事に頂点に立った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集