[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元「3歳のバットボーイ」がMLBでドラフト指名 米話題「月日の流れを実感する」

未来のスター選手を発掘する米大リーグのドラフト会議。今年も12日から行われ、多くの原石が指名を受けたが、ナショナルズはダスティ・ベイカー監督の息子を指名した。親子鷹の裏で、未来のスター候補の“勇敢な過去”をFOXスポーツが特集。「3歳のバットボーイ」のプロ入りが話題を呼んでいる。

ナショナルズ指揮官の息子が27巡目指名、15年前のWSバットボーイで話題

 未来のスター選手を発掘する米大リーグのドラフト会議。今年も12日から行われ、多くの原石が指名を受けたが、ナショナルズはダスティ・ベイカー監督の息子を指名した。親子鷹の裏で、未来のスター候補の“勇敢な過去”をFOXスポーツが特集。「3歳のバットボーイ」のプロ入りが話題を呼んでいる。

 記事では、ナショナルズが27巡目指名で、ベイカー監督の息子であるダレン・ベイカーを指名したことを紹介。「ベイカー監督の契約は今季限りであるが、状況は少し変わるかもしれない」と親子鷹が来季実現する可能性に言及している。

 ただ、野球ファンにとってダレンはベイカー監督の息子というだけの存在ではない。

 2002年、当時ベイカー監督が指揮していたジャイアンツとエンゼルスによるワールドシリーズ第5戦でバットボーイをしていたのが当時3歳のダレンだ。

 8-4とリードした7回1死二、三塁でタイムリーが飛び出すと、ユニホーム姿のダレンは一塁ベンチから懸命に駆け出し、打者が放り投げたバットを引きに行こうとした。しかし、クロスプレーが生じる危険なタイミング。1人目の走者J.T.スノーがホームインした際に小さな影に気づき、慌てて拾い上げた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集