[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新型「壁」がまた誕生! 幻惑の“スクワット作戦”に海外衝撃「革命的な壁が機能!」

海外女子サッカーで類を見ない、新たな壁が開発された。壁に入った選手がしゃがみ込み、ランダムに立ったり座ったりを繰り返す。相手の油断と動揺を誘う“スクワット作戦”の実際の瞬間を海外メディアが動画付きで公開し、「めったにお目にかかれない!」「革命的な壁に挑戦して機能させた!」と衝撃をもって伝えている。

永里優季(右)が所属するブリスベン・ロアーで新型の「壁」が生まれた【写真:Getty Images】
永里優季(右)が所属するブリスベン・ロアーで新型の「壁」が生まれた【写真:Getty Images】

豪州女子サッカーで立ったり座ったりを繰り返す“新しい壁”が誕生

 海外女子サッカーで類を見ない、新たな壁が開発された。壁に入った選手がしゃがみ込み、ランダムに立ったり座ったりを繰り返す。相手の油断と動揺を誘う“スクワット作戦”の実際の瞬間を海外メディアが動画付きで公開し、「めったにお目にかかれない!」「革命的な壁に挑戦して機能させた!」と衝撃をもって伝えている。

【特集】スポーツする楽しみを再び 川口能活氏が“大人のサッカー教室”で伝えたこと / サッカー・川口能活氏(GROWINGへ)

 サッカー界にまた新たな壁が開発された。10日に行われた豪州女子リーグのブリスベン・ロアー―シドニーFC、後半34分の場面だ。ゴール前の中央左、絶好の位置で得たシドニーFCの直接FK。アラナ・ケネディがボールをセットすると、守るブリスベン・ロアーの選手は4人が壁に入る。しかし、奇妙だったのは、その姿勢だ。

 なぜか、4人ともしゃがみ込んだ。キッカーにとってはコースががら空きに近い状態。こんな形でシュートを防げるのか。そう思った次の瞬間だ。ケネディが距離を取り、集中し始めると、右から2番目の選手が立ち上がる。すぐさましゃがみ、今度は入れ替わるように右サイドの選手が立ち上がる。すると、堰を切ったように左サイドの2人も立ったり座ったり……。

 まるで、その姿はスクワットでもしているかのよう。そして、最後は全員立ち上がるようにしてコースを消しに行った。まさかの行動に動揺したのか、シュートは高く浮き、大きく外れてしまった。してやったりの4人はシュートを見送ると満面の笑み。思わず蹴ったケネディも握手を求め、苦笑いで壁の選手とタッチを交わした。なんともシュールなシーンとなった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集