[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テネル、SP首位から一転… まさかの失速5位に痛恨「唯一失敗したのが大会本番に…」

フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で逆転優勝を飾った。一方、SP首位だった昨年の全米選手権女王のブレイディ・テネルはミスが出て、よもやの5位転落。「唯一のミスが大会本番になるなんて…」と後悔を残している。AP通信が報じている。

ブレイディ・テネル【写真:Getty Images】
ブレイディ・テネル【写真:Getty Images】

5位に終わった昨季全米女王「今週ずっと着氷させてきた」

 フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で逆転優勝を飾った。一方、SP首位だった昨年の全米選手権女王のブレイディ・テネルはミスが出て、よもやの5位転落。「唯一のミスが大会本番になるなんて…」と後悔を残している。AP通信が報じている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 SP5位から優勝という紀平の逆転劇の裏で、フリーで運命が暗転したのは米国のテネルだった。SPでは自己ベストの73.91点で首位。紀平とは5点のアドバンテージがあったが、ミスが出てしまい、演技後は後悔の言葉が溢れた。

「今週ずっと(ジャンプを)着氷させてきた。私が唯一失敗したのが大会本番だった。だから、とてもフラストレーションを感じています」

 記事によると、テネルはこう語ったという。練習ではパーフェクトだったはずのジャンプが決まらず。記事では「ジャンプで4回の回転不足がフリースケートを蝕んだ」と分析。フリー5位の128.16点と得点を伸ばせず、表彰台も逃した。

 ホスト国のエースの威信を背負っていたテネル。この悔しさを3月に埼玉で行われる世界選手権で晴らしたい。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集