[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、32得点大暴れを米地元紙称賛 オフェンスMVP選出「他の攻撃陣が空回りも…」

バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁は2日(日本時間3日)のサンディエゴ大戦で32得点の大暴れ。85-69で勝利したチームの12連勝に貢献した。後半には規格外のアリウープダンクを炸裂させて話題を呼んだ背番号21について、地元紙は「オフェンシブMVP」に選出を果たした。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

自己最多にあと「1」に迫る大活躍、米地元紙も高評価与える

 バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁は2日(日本時間3日)のサンディエゴ大戦で32得点の大暴れ。85-69で勝利したチームの12連勝に貢献した。後半には規格外のアリウープダンクを炸裂させて話題を呼んだ背番号21について、地元紙は「オフェンシブMVP」に選出を果たした。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 八村がまさにコート上で暴れた。76-57とリードして迎えた後半残り3分。味方からのふわりとしたパスにゴール下の八村が反応して跳び上がると、両手でボールを掴み、リングに叩き込んだ。ボードが揺れるほどの激しい一撃。一気に会場は騒然とし、ゴンザガ大公式ツイッターも実際のシーンを公開して反響を呼んだ。

 自己最多にあと「1」に迫る32得点をマークし、12連勝に導いた八村。現地の評価も上々だ。ゴンザガ大の快勝劇の「3つの鍵」と題して特集した米地元紙「スポークスマン・レビュー」はこの試合の攻撃面のMVPに選出した。

 理由は前半の躍動ぶり。「ゴンザガの他のオフェンスが空回りする中、ルイ・ハチムラは前半のほとんどでチームを背負った。ザグス(ゴンザガ大)の38得点のうち20得点を獲得した」と称賛。オフェンスのリズムの悪い前半にチームを支え、ゴールラッシュで牽引したことをMVP選出の要因に挙げた。

 同紙は別の記事でも「ルイ・ハチムラがゴンザカをサンディエゴ戦勝利に導き、WCC無敗に保つ」と報じ、「ハチムラはキャリアハイまであと1点と迫って試合を終えた。3年生フォワードはまたリバウンドを7つ取り、シュートを2つブロックした」と言及。圧巻のプレーぶりを伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集