[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、勝利の瞬間の“ひざまずく1枚”に海外反響「まさに戦士」「素晴らしい写真」

テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で3時間48分のフルセットの激戦の末に勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。大会公式は勝利の瞬間、ひざまずく錦織の姿に脚光。画像を公開すると、海外ファンからも大きな反響を呼んでいる。

全豪オープンで死闘を制し、3回戦に進出した錦織【写真:Getty Images】
全豪オープンで死闘を制し、3回戦に進出した錦織【写真:Getty Images】

精魂尽き果て勝利の瞬間、ひざまずく錦織の姿に大会公式が脚光

 テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で3時間48分のフルセットの激戦の末に勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。大会公式は勝利の瞬間、ひざまずく錦織の姿に脚光。画像を公開すると、海外ファンからも大きな反響を呼んでいる。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 最終セット、一歩も引かない激闘のクライマックスは、今大会から導入された10ポイントタイブレークに突入。劣勢の場面もあったが、最後は底力を発揮し10-7で勝ち切った。最終セットだけでも約1時間のまさに死闘を終えた瞬間、錦織は喜ぶよりも先にコートにひざまずいた。

 精魂尽き果てた。この瞬間だけを切り取ると、まるで敗者のようなシーンが激闘のあとを物語っていた。

 全豪オープンは公式インスタグラムで「5セットのスリラーを最後まで戦い抜いた」とつづり、スタンドから撮影された錦織が思わずひざまずくシーンを画像で公開。象徴的な瞬間にファンも続々とコメントを寄せている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集