[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、死闘演じたカロビッチとの身長差に海外脚光 スイスメディア「巨人を倒す」

テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。3時間48分の死闘を制した錦織を、欧州メディアは「小人が巨人を倒す」と称賛している。

激闘を制して3回戦進出の錦織圭【写真:Getty Images】
激闘を制して3回戦進出の錦織圭【写真:Getty Images】

178センチの錦織とカロビッチとの差は33センチ

 テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。3時間48分の死闘を制した錦織を、欧州メディアは「小人が巨人を倒す」と称賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 スイス大衆紙「ブリック」は「2.11メートル男の悲劇の結末」と題して錦織とカロビッチの死闘に脚光。「4時間を戦ったイボ・カロビッチとケイ・ニシコリにスタンディングオベーションが起きた」と激闘を演じた両者が観衆から称えられたことをレポートしている。

「178センチの小人が巨人を倒す。5時2分、激闘が決着を迎えた。なんという最後のひとコマか。勝ったケイ・ニシコリ(第8シード)はネット越しに33センチも背が高いクロアチアのイボ・カロビッチと向き合った。威厳と驚きと」

 記事ではこうつづり、激闘後に向かい合って握手を交わした両選手の身長差に着目し、巨人を破った錦織に拍手を送っていた。

 また、ヤフースポーツのオーストラリア版も「ケイ・ニシコリとイボ・カロビッチの5セットに渡るスーパータイブレークの激闘が終わると、ファンはソーシャルメディアで盛り上がった。2回戦で心を揺さぶる試合が生まれ、多くのファンは、全豪オープンのこれからの戦いに期待を膨らませていた」と名勝負を伝えていた。

 世界各地のメディアからスポットライトを浴びた3時間48分の死闘。3回戦は19日、錦織への注目度はさらに上昇しそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集