[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、フルセット激闘の末に勝利! 3時間48分死闘制し2年ぶり3回戦進出

テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。

世界ランク9位の錦織圭【写真:Getty Images】
世界ランク9位の錦織圭【写真:Getty Images】

男子初の10ポイントタイブレークに勝利

 テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 211センチのビッグサーバー、39歳のベテラン・カロビッチとの対戦。過去2勝2敗だが、2016年の全米オープン以来、久々のマッチアップだった。

 第1セットは第8ゲームで錦織が先にブレークに成功し、6-3で先取した。第2セットもお互いにキープし合い、一歩も譲らない展開でタイブレークに突入。ポイント2-2としたところで、雨が強まり試合が約15分間中断した。再開後も集中力を切らさなかった錦織が、ポイント8-6でこのセットも奪った。

 2-0とリードして迎えた第3セット。ここも互いにキープを続ける展開だったが、カロビッチが意地を見せる。第11ゲームにブレークを許し5-7で落とした。第4セットも一進一退の攻防だったが、第3セットと同様の展開となり5-7で相手に奪われてしまった。

 そしてファイナルセット。お互いにキープし合う展開で、第9ゲームには0-40と絶体絶命の危機を迎えるが、3度のブレーク危機をしのいでキープした。両者譲らず10ポイントタイブレークに突入。最後まで集中力を切らさず10-7でものにした。

 錦織は過去にこの大会で3度(2012、15、16年)の8強が最高成績。昨年大会は怪我で欠場したが、今季は初戦のブリスベン国際で2年11か月ぶりの復活Vを飾り、悲願のグランドスラム制覇に臨んでいる。1回戦では、カミル・マイクシャク(ポーランド)が第5セット途中で棄権したため勝ち上がっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集