[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、弾丸エースで58分決着 大会公式が賛辞「3年弱で飛躍的進化を遂げた」

テニスの4大大会・全豪オープンは15日、女子シングルス1回戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同80位のマグダ・リネッタ(ポーランド)を6-4、6-2で下して2回戦進出。わずか58分の圧勝劇の最後は大坂らしい“弾丸エース”で締めくくった。実際の瞬間を大会公式が「58分しか必要なし」と賛辞をつづって絶賛。急成長ぶりに対して「グランドスラムデビューから3年弱で飛躍的進歩を遂げた」と称えている。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

最後は完璧サーブで締める、大会公式「オオサカは58分間しか必要なかった」

 テニスの4大大会・全豪オープンは15日、女子シングルス1回戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同80位のマグダ・リネッタ(ポーランド)を6-4、6-2で下して2回戦進出。わずか58分の圧勝劇の最後は大坂らしい“弾丸エース”で締めくくった。実際の瞬間を大会公式が「58分しか必要なし」と賛辞をつづって絶賛。急成長ぶりに対して「グランドスラムデビューから3年弱で飛躍的進歩を遂げた」と称えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 この日の試合展開同様に最後も“速かった”。マッチポイント。ボールをトスした大坂は180センチの体から全体重を乗せるようにしてラケットを振り抜く。弾丸のような打球が鋭く相手のフォアサイドを突いた。リネッタも反応し、懸命にラケットを伸ばすが、コース、速度ともに完璧な一撃に触れることもできない。決着。試合時間はたった58分だった。

 全米オープン女王が初戦圧勝。メルボルンのファンも一気に沸き立つが、大坂は表情も崩すことはない。リネッタと握手し、ようやく微笑んだが、21歳の視線はもっと高みを見据えている。

 そんな一部始終を大会公式ツイッターは「エース固め。ナオミ・オオサカは58分間しか必要なかった。マグダ・リネッテに6-4、6-2で勝利し、タマラ・ジダンセクの待つ2回戦へと進んだ」という賛辞とともに動画付きで公開した。また、大会公式サイトでは「オオサカが2回戦へ急行」と見出しを打ち、58分の圧勝劇をレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集