[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

史上3人目偉業の小林陵侑、17年前に初達成のレジェンドも称賛「無敵と言える」

ノルディックスキーのジャンプ週間最終戦(ビショフスホーフェン)は6日、ワールドカップ(W杯)男子個人第11戦を兼ねて行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が優勝。史上3人目となる4戦全勝のジャンプ週間総合Vを達成した22歳の日本のエースを、本場欧州のライバルが手放しで絶賛している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

ジャンプ週間のレジェンドも絶賛の小林陵侑【写真:Getty Images】
ジャンプ週間のレジェンドも絶賛の小林陵侑【写真:Getty Images】

4戦全勝の偉業をライバルや関係者が続々絶賛

 ノルディックスキーのジャンプ週間最終戦(ビショフスホーフェン)は6日、ワールドカップ(W杯)男子個人第11戦を兼ねて行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が優勝。史上3人目となる4戦全勝のジャンプ週間総合Vを達成した22歳の日本のエースを、本場欧州のライバルが手放しで絶賛している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 4戦全勝のグランドスラムは史上3人目の快挙。2002年のスベン・ハンナバルト(ドイツ)、昨年のカミル・ストッフ(ポーランド)に続く偉業を達成した「Ryoyu Kobayashi」の存在はライバル国に脅威を与えていた。

 ドイツ代表のヘッドコーチを務めるヴェルナー・シュスター氏は小林の大ジャンプを見て「恍惚の様子だった」と記事では報じられている。

 その上で「彼の巨大な力がいつか表出することになると思っていた。彼のようなジャンプができる選手は見たことがなかった」と手放しで絶賛。さらに総合Vを争ったドイツ人ジャンパー、マルクス・アイゼンビヒラーも「コバヤシは非常に優秀な選手。嫉妬しないで、それを認めなければならない」と脱帽していたという。

 そして、レジェンドも認めている。02年にグランドスラムを達成したハンナバルト氏は「とにかく完璧だ。彼のすごくアグレッシブなスタイルかつ、ジャンプ時の余裕は無敵と言える」とまで称賛している。

 ジャンプ界のレジェンドからも拍手を送られた小林。これから更なる栄光を築いていくことになりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集