[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アーモンドアイ、衝撃レコードのジャパンカップを分析した海外サイトの動画がスゴイ!

日本中央競馬会(JRA)は「2018年度JRA賞」の競走馬部門の各賞を発表し、牝馬三冠などG1、4勝を挙げたアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄)が年度代表馬に輝いた。記者投票による選出で、満票を獲得したのは2000年のテイエムオペラオー以来、19年ぶりの快挙。今季は凱旋門賞など、海外レースへの挑戦も期待される最強牝馬。海外競馬専門サイト「ワールドホースレーシング」は衝撃の世界レコードをたたき出した、昨年11月のジャパンカップの快走に再び脚光。独自のデータを織り交ぜた、オリジナルの動画を公開している。

年度代表馬に輝いたアーモンドアイ【写真:Getty Images】
年度代表馬に輝いたアーモンドアイ【写真:Getty Images】

満票で年度代表馬に輝いたアーモンドアイ、衝撃のジャパンカップに海外サイト脚光

 日本中央競馬会(JRA)は「2018年度JRA賞」の競走馬部門の各賞を発表し、牝馬三冠などG1、4勝を挙げたアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄)が年度代表馬に輝いた。記者投票による選出で、満票を獲得したのは2000年のテイエムオペラオー以来、19年ぶりの快挙。今季は凱旋門賞など、海外レースへの挑戦も期待される最強牝馬。海外競馬専門サイト「ワールドホースレーシング」は衝撃の世界レコードをたたき出した、昨年11月のジャパンカップの快走に再び脚光。独自のデータを織り交ぜた、オリジナルの動画を公開している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 4歳を迎え、更なる飛躍に期待がかかる日本競馬の至宝アーモンドアイ。年度代表馬選出を受けて、海外の専門サイトが再びフォーカスしたのは、ジャパンカップの衝撃的な快走だった。

 パドックからスタートする動画ではまず馬体重や、ジョッキーなどの基本的なデータを紹介。発走前のシーンでは9万8988人の観衆が東京競馬場に詰め掛けたことも伝えている。

 レースシーンでは道中のスピード(38.03マイル=約61.2キロ)を表示。先頭を走るキセキとの差にも触れながら、最後の直線に突入。前を行くキセキが最高38.9マイル(約62.6キロ)を計測した一方で、アーモンドアイは39.59マイル(約63.7キロ)を計測。そしてキセキを交わし去ると、最後は衝撃の世界レコード「2分20秒6」の走破タイムにクローズアップしている。

 海外からも高い評価を受けるアーモンドアイ。同サイトは公式ツイッターに「日本の誇り JRA年間最優秀競走馬をもう一度。アーモンドアイのスペクタクルなジャパンカップ勝利」とつづり動画を公開。3万5000回以上再生されるなど、注目度は高い。

 当面の目標としてドバイ遠征が明らかになっており、今季はさらに海外での評価、注目を高めることとなりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集