[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

強すぎる小林陵侑、圧巻3連勝に欧州メディア感服「またもライバルにチャンス与えず」

ノルディックスキーのW杯個人第10戦を兼ねたジャンプ週間第3戦、インスブルック大会(オーストリア)が4日、行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が1回目最長の136.5メートル、2回目も最長タイの131メートルで圧勝。今季、通算とも7勝目で、日本男子初のW杯4連勝を飾った。ジャンプ週間3連勝で総合Vも大きく引き寄せた日本のエースに、現地メディアも感服している。

ジャンプの本場でも絶賛の小林陵侑【写真:Getty Images】
ジャンプの本場でも絶賛の小林陵侑【写真:Getty Images】

圧倒的な強さでジャンプ週間3連勝、欧州メディアは続々称賛

 ノルディックスキーのW杯個人第10戦を兼ねたジャンプ週間第3戦、インスブルック大会(オーストリア)が4日、行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が1回目最長の136.5メートル、2回目も最長タイの131メートルで圧勝。今季、通算とも7勝目で、日本男子初のW杯4連勝を飾った。ジャンプ週間3連勝で総合Vも大きく引き寄せた日本のエースに、現地メディアも感服している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 ドイツ公共放送「ARD」電子版では「コバヤシ、アイゼンビヒラーを置き去りに飛んで行く」と見出しをつけて小林の快進撃を報道している。

 日本人では1997-98年シーズンの船木和喜(フィット)以来のジャンプ週間3連勝。「リョウユウ・コバヤシがジャンプ週間でまた完勝をやってのけた。インスブルックでの第3戦も圧倒して優勝。追っていたマルクス・アイゼンビヒラーは突き放された」と自国のアイゼンビヒラーを圧倒する強さに感服していた。

 開催地オーストリアの公共放送「ORF」電子版も「インスブルックでもコバヤシは無敵だった。1回目2回目とも最長距離をマークし、またもライバルたちにチャンスを与えなかった」と脚光を浴びせている。

 第4戦は6日(日本時間7日)、ドイツやオーストリアでは五輪金メダル級の名誉ともいわれるジャンプ週間総合Vはもちろん、史上3人目となるグランドスラム制覇への期待も大きい小林。22歳が快挙を達成する瞬間は近い。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集