[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、初黒星から一夜…749文字の“敗戦の弁”に反響「舐めていたのは僕自身」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)は31日、キックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)がボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO負けを喫した。試合から一夜明けた1日、インスタグラムを更新。長文の英語と、日本語で思いをつづっている。

メイウェザー(右)に敗れた那須川【写真:Getty Images】
メイウェザー(右)に敗れた那須川【写真:Getty Images】

メイウェザーに完敗の那須川がインスタグラムに思いつづる

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)は31日、キックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)がボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO負けを喫した。試合から一夜明けた1日、インスタグラムを更新。長文の英語と、日本語で思いをつづっている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 5キロ以上の体重差、キック禁止のルールと那須川に不利の多い試合方式。メイウェザーの10億円近いファイトマネーなどが賛否を呼んだが、残った結果は1ラウンドKO負け。那須川は現実を受けて止めて、率直な感情を吐き出している。

 試合中ですら笑みを浮かべていたメイウェザーが一瞬、真顔になり、那須川を労った。目を合わさず、悔しさを押し殺す――。その瞬間の2人の写真と共に、天心はこうつづった。

「僕は格闘界に大きな夢を見て頑張って来ました。空手、キックボクシング、MMA(総合格闘技)そしてボクシング。この試合の話が来た時、メイウェザー選手と戦うチャンスはもう絶対巡ってこないから今しかないと思ったし、階級も違う、やって来たことも違うとは思いましたが、僕自身も逃げずにやらなくてはならないと思い試合を受けました」として、まずは対戦への経緯を振り返っている。

 そして「結果は倒されてしまいましたが、後悔はないです。もっと出来ると思った自分が情けないし、悔しかったですが、現実を受け入れて、またチャンスがあれば何事にも逃げずに挑戦したいと思います。色々ありましたがメイウェザー選手は本当に凄く強かったです。舐めていたのは僕自身でした。僕も必ずそこの域に行きます!」と試合を振り返り、メイウェザーに脱帽。“舐めていたのは僕自身でした”と、悔しさを隠してつづった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集