[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、2万5000人沸いた ジャンプ週間開幕戦Vに欧州称賛「ドラマチックな優勝」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は30日、恒例のジャンプ週間開幕戦となる個人第8戦が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が合計282.3点で今季、通算ともに5勝目を挙げた。絶好調を維持する22歳に対し、本場欧州メディアも「ドラマチックな優勝」「印象的なスタートを切った」と称賛を送っている。

ジャンプ週間の開幕戦で優勝を飾った小林陵侑【写真:Getty Images】
ジャンプ週間の開幕戦で優勝を飾った小林陵侑【写真:Getty Images】

絶好調の22歳が今季W杯5勝目、欧州メディア「彼のトップのパフォーマンス見せた」

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は30日、恒例のジャンプ週間開幕戦となる個人第8戦が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が合計282.3点で今季、通算ともに5勝目を挙げた。絶好調を維持する22歳に対し、本場欧州メディアも「ドラマチックな優勝」「印象的なスタートを切った」と称賛を送っている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 2万5000人の大観衆が見守る前で、小林陵は1回目に最長不倒の138.5メートルを飛んでトップに立つと、2回目も126.5メートルと揃えた。ジャンプ週間の日本人勝利は葛西紀明(土屋ホーム)以来、18季ぶりの快挙だ。

 快進撃のとどまらない22歳に対し、英衛星放送「ユーロスポーツ」は「リョウユウ・コバヤシがオーベルストドルフでのジャンプ週間開幕戦に勝利」と見出しを打ち、「ドラマチックな優勝を飾る」とレポート。英衛星放送「スカイ・スポーツ」オーストリア版も「リョウユウ・コバヤシは彼のトップのパフォーマンスを見せた」「67回目のジャンプ週間で印象的なスタートを切った」と賛辞を送っている。

 試合後、小林陵は自身のインスタグラムで、大観衆に見守られながら飛び出した印象的な写真とともに「25,500人の皆さん 応援ありがとう ジャンプ週間あと3試合…楽しみ」とつづり、感謝を伝えていた。

 船木和喜(フィット)以来となる日本選手2人目のジャンプ週間総合優勝へ。絶好調の22歳が最高の形でスタートを切った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集