[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、“ザギトワ超え世界新”に露メディアも脱帽「魔法のような何かを見せた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露し、82.51点の今季世界最高得点で堂々の首位に立った。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は77.93点で2位。ザギトワを上回った日本の超新星を、女王の母国ロシアメディアも称えている。

首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】
首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】

ザギトワ超え世界最高得点を称賛「キヒラがロシアの女王に挑戦を投げかけた」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露し、82.51点の今季世界最高得点で堂々の首位に立った。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は77.93点で2位。ザギトワを上回った日本の超新星を、女王の母国ロシアメディアも称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 冒頭のトリプルアクセル以降も、コンビネーションジャンプに3回転ルッツとすべてのジャンプを完璧に決めた紀平。一方のザギトワも大きなミスなく滑り終えたが、4.58点の差がついた。母国の女王を上回った驚異の16歳を、ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」は手放しで称えている。

「リカ・キヒラは魔法のような何かを見せた。演技冒頭で決めたトリプルアクセルは回転が十分というだけではなく、まったく完璧なものだった。おそらく、ファイナルに出場している男子選手のどれよりも良いものだ」と代名詞のトリプルアクセルが男子顔負けと表現し、脱帽している。

 さらに「その先もキヒラは止まらない。16歳のスケーターは氷の上で自分のプログラムを滑り切った。彼女のジャンプはミスがなく、ステップとスピン(一つを除いて)はレベル4だった。合計の技術点は定められている基礎点を11点近く上回った」と出来栄え点(GOE)の高さを評価していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集