[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「4年後の五輪女王でいいよね」!? 紀平梨花の衝撃は世界拡散、海外ファンも大興奮

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子ショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点をマークし、アリーナ・ザギトワ(ロシア)らを抑え、堂々の首位に立った。16歳が与えた衝撃に対し、海外のファンは「もう2022年五輪女王でいいよね」「これはとんでもないぞ」と大興奮している。

首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】
首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】

紀平の衝撃的な演技に海外ファンも大興奮「これはとんでもないぞ」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子ショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点をマークし、アリーナ・ザギトワ(ロシア)らを抑え、堂々の首位に立った。16歳が与えた衝撃に対し、海外のファンは「もう2022年五輪女王でいいよね」「これはとんでもないぞ」と大興奮している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

「Rika Kihira」の衝撃は全世界を駆け抜けた。ドビュッシーの「Clair de Lune」のメロディーに乗せた16歳は冒頭で代名詞のトリプルアクセルを完璧に決めると、3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションも見事に着氷。最後の3回転ルッツを決めると、日の丸が揺れる中、バンクーバーのアリーナは万雷の拍手に包まれた。

 叩き出した得点は82.51点。ザギトワがGPシリーズ第5戦のロステレコム杯で記録した80.78点を上回る、衝撃の世界最高得点。特に技術点(TES)は驚異の47.36点だった。

 ザギトワに約4.5点差をつけ、16歳対決の前半戦を制した紀平に、世界のスケートファンはツイッター上で大興奮状態だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集