[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】大谷翔平、走者一掃三塁打! 圧巻スピードに米驚愕「君は足まで速いのか…!」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は米大リーグで新人王に輝いたエンゼルス大谷翔平投手。投打二刀流の圧倒的な活躍が脚光を浴びたが、目の肥えた米ファンを驚かせたのは走塁だ。圧倒的なスピードで、メジャー初のスリーベースを記録するシーンを振り返った。

MLB1年目の大谷は走塁でもファンを沸かせた【写真:Getty Images】
MLB1年目の大谷は走塁でもファンを沸かせた【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―投打に次ぐ第3の武器でも米ファンを驚かせた大谷の走力

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は米大リーグで新人王に輝いたエンゼルス大谷翔平投手。投打二刀流の圧倒的な活躍が脚光を浴びたが、目の肥えた米ファンを驚かせたのは走塁だ。圧倒的なスピードで、メジャー初のスリーベースを記録するシーンを振り返った。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷は足も超一流だった。4月12日(日本時間13日)のロイヤルズ戦だ。7回、2死満塁。代わったばかりのマウアーのインハイ97マイル(約156キロ)を完璧にはじき返した大谷。ライナー性の打球が右中間を深々と破ると、大きなストライドでぐんぐん加速した。三塁に右足から滑り込み、楽々と到達した。MLB初の三塁打で、文字通り走者を一掃した。

 米FOXスポーツMLB公式ツイッターが、「彼には良い車輪が付いている!ショーヘイ・オオタニが3ラントリプルで走者を一掃」と記し、この走者一掃スリーベースを動画付きで伝えると、ツイッター上でも米ファンが大谷の走力を称賛していた。

「おいオオタニ、ピッチングと強打もできる上に、君は足まで速いのか…!」
「クレイジーなスピードまで披露してみせた」
「何から何まで日本人離れしているな、オオタニ」
「オオタニ、君って男は全てを持ち合わせているんだな…」
「止められない男、ショーヘイ・オオタニ」

 投打に加えて、渡米前から一塁到達タイム3.8秒台という走力も高く評価されていたという大谷。打者として打率.285、22本塁打、61打点、OPS.925に加えて、キャリアハイの10盗塁もマーク。足でも強いインパクトを残した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集