[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フクヒロ、世界選手権決勝の雪辱で2連覇王手「チャレンジャーの気持ちで行こうと」

世界ランク1位の実力を示す、雪辱戦だった。全日本総合バドミントン選手権は1日、駒沢体育館で各種目の準決勝を行い、女子ダブルス世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)は、2-1(21-18、17-21、21-13)で松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)を破って、決勝進出を決めた。

福島、廣田組が松本、永原組を破り決勝に進出した【写真:平野貴也】
福島、廣田組が松本、永原組を破り決勝に進出した【写真:平野貴也】

世界選手権決勝から2連敗の松本、永原組を撃破、2連覇へあと1勝

 世界ランク1位の実力を示す、雪辱戦だった。全日本総合バドミントン選手権は1日、駒沢体育館で各種目の準決勝を行い、女子ダブルス世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)は、2-1(21-18、17-21、21-13)で松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)を破って、決勝進出を決めた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 両ペアは、夏の世界選手権の決勝で対戦し、松本、永原組が勝って初優勝。9月の中国オープンの準々決勝でも松本、永原が勝っていた。頂上決戦を含む2連敗の雪辱を果たした廣田は「世界選手権から負け越していた相手なので、今日はチャレンジャーの気持ちで行こうと思って試合に入った。第2ゲームは自分が崩れてしまった場面があったので、ファイナルゲームは、思い切ってやろうと切り替えたのが勝ちにつながったと思う」と勝利を喜んだ。

 敗れた松本、永原は、ともに長身ペアで攻撃が得意。しかし、第1ゲームは風下にあたるコートで、球が飛ばなかった。永原は「打っても、なかなか決まらない状況。逆に相手の攻撃パターンでやられた」と苦い表情を浮かべた。勝った福島、廣田は、両者が攻守を入れ替わっても力を落とさないペアで、抜群の安定感を誇る。相手の攻撃をしのぎながら、ラリーで攻守交代に持ち込んだ。攻め切れない松本、永原に対し、第1ゲームの終盤にペースをつかみ、15-16から5連続得点でゲームを制し、先行に成功した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集