[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

また新ヒロイン候補出現 サクタカがA代表ペア撃破で初4強「イメージはできていた」

バドミントン日本代表の女子ダブルス界に、またも新たなヒロイン候補が現れた。全日本総合バドミントン選手権は30日に駒沢体育館で各種目の準々決勝を行い、女子ダブルスの櫻本絢子、高畑祐紀子組(ヨネックス)は2-0(21-18、22-21)で米元小春、田中志穂組(北都銀行)を破って初の4強入りを決めた。

米元、田中組を破って初4強を決めた櫻本、高畑組【写真:平野貴也】
米元、田中組を破って初4強を決めた櫻本、高畑組【写真:平野貴也】

5番手の櫻本、高畑組がA代表の米元、田中組破って初4強

 バドミントン日本代表の女子ダブルス界に、またも新たなヒロイン候補が現れた。全日本総合バドミントン選手権は30日に駒沢体育館で各種目の準々決勝を行い、女子ダブルスの櫻本絢子、高畑祐紀子組(ヨネックス)は2-0(21-18、22-21)で米元小春、田中志穂組(北都銀行)を破って初の4強入りを決めた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 来季の日本A代表入りに大きく近付く勝利だ。全日本総合の成績は、来季の日本代表を編成する重要な基準。来季、東京五輪の出場権を争うレースを戦っていくためには、ポイントの高い国際大会に出場する日本A代表入りが必要だ。櫻本、高畑は、B代表メンバーで、A代表の4ペアを追う5番手の存在。ただし、今季は出場した13大会のうち7大会で優勝、2大会で準優勝という好成績で存在感を増していた。一方の米元、田中は、世界ランク6位のA代表。昨年は、年間成績上位者の集うスーパーシリーズ(現ワールドツアー)ファイナルズで優勝。今夏の世界選手権でも銅メダルを獲得した。ただし、世界選手権を制した松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)に世界ランクで追い越され、日本代表では3番手から4番手の立ち位置に変わるなど、伸び悩みも見せていた。

 試合は、拮抗した展開だった。第1ゲームは、櫻本、高畑が持ち前の攻撃力を生かしてリード。米元、田中は、終盤に12-18から17-19まで追い上げたが、最後は櫻本にスマッシュを決められた。田中は「相手は今季、すごく結果を出していて、私たちは、思うような結果が出ていなかった。自分たちの不安なところばかり見てしまって、自信なくプレーしていたのが敗因」と肩を落とした。米元も「レシーブの配球が中途半端で、失点が多かった。配球を考え過ぎて、うまくいかないことに焦りを感じた」と話し、受け身に立った戦いだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集