[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳サモドゥロワ、“隠れていた逸材”に母国ロシアも注目「メドベの場所を占めた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは全6戦が終了し、12月6日開幕のGPファイナル(カナダ・バンクーバー)の出場者が出揃った。日本とロシアが3人ずつ出場する女子は“日露決戦”の様相を呈しているが、大国ロシアの3番手で出場を決めたソフィア・サモドゥロワだ。紀平梨花(関大KFSC)、アリーナ・ザギトワ(ロシア)と同じ16歳に母国ロシアメディアも「トゥトベリーゼ一門の神童たちの陰に隠れていた」と注目。本人は憧れの選手の一人に五輪2連覇・羽生結弦(ANA)を挙げている。

GPファイナルに出場するサモドゥロワ【写真:Getty Images】
GPファイナルに出場するサモドゥロワ【写真:Getty Images】

紀平&ザギトワ世代の16歳がGPファイナル進出、憧れの一人は羽生と告白

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは全6戦が終了し、12月6日開幕のGPファイナル(カナダ・バンクーバー)の出場者が出揃った。日本とロシアが3人ずつ出場する女子は“日露決戦”の様相を呈しているが、大国ロシアの3番手で出場を決めたソフィア・サモドゥロワだ。紀平梨花(関大KFSC)、アリーナ・ザギトワ(ロシア)と同じ16歳に母国ロシアメディアも「トゥトベリーゼ一門の神童たちの陰に隠れていた」と注目。本人は憧れの選手の一人に五輪2連覇・羽生結弦(ANA)を挙げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 初戦のスケートアメリカで3位に入ると続くロステレコム杯で2位に入り、今季GPシリーズの新星の一人になったサモドゥロワ。「サモドゥロワがGPファイナルへのメドベージェワの場所を占めた。彼女にとって今シーズンがシニアで1年目だ」と特集しているのは「sport.business-gazeta.ru」だった。

 記事では、ロシアの重鎮アレクセイ・ミーシン氏の教え子であるサモドゥロワは今季がシニアデビューとなり、コーチすらも大きな結果を期待していなかったとし、母国の女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が進めなかったGPファイナルに進出を決めた16歳の躍進を驚きをもって伝えている。

「ジュニア時代、ほとんど彼女は目に止まらず、トゥトベリーゼ一門の神童たちの陰に隠れていた」と記した上で16歳のキャラクターについても紹介。シベリア出身で、当地特有の何事にも屈しない強い性格を持っているとされ、さらに憧れの選手はアシュリー・ワグナー(米国)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、そして、羽生だという。

「みんな、自分の得意なものを持っている。ハビエルはアーティスティズム、ハニュウは(エレメンツなどの)複雑性といった具合に」という本人のコメントを紹介。大好きな選手のカロリーナ・コストナー(イタリア)がミーシン氏のもとで練習するために頻繁に訪れ、学べることも喜んでいる。コストナーとの会話は英語で、語学も堪能という。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集