[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「タカマツ」対「フジカキ」― 五輪の金銀ペア対決があす5年ぶりに実現

ファン垂涎のカードが実現した。平成30年度全日本総合バドミントン選手権大会は28日に駒沢体育館で各種目の1回戦を行い、女子ダブルスでは、2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が順当勝ちを収めた。また、2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した藤井瑞希、垣岩令佳組(再春館製薬所)も、シングルスで活躍する山口茜(再春館製薬所)が、綿矢汐里(福井県立奥越特別支援学校職員)と組んだペアに勝利。高橋、松友組と藤井、垣岩組は、翌29日の2回戦で対戦する。

29日に「タカマツ」ペアと対戦する藤井、垣岩組【写真:平野貴也】
29日に「タカマツ」ペアと対戦する藤井、垣岩組【写真:平野貴也】

タカマツ、フジカキ両ペアが1回戦を突破し2回戦での対戦が実現

 ファン垂涎のカードが実現した。平成30年度全日本総合バドミントン選手権大会は28日に駒沢体育館で各種目の1回戦を行い、女子ダブルスでは、2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が順当勝ちを収めた。また、2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した藤井瑞希、垣岩令佳組(再春館製薬所)も、シングルスで活躍する山口茜(再春館製薬所)が、綿矢汐里(福井県立奥越特別支援学校職員)と組んだペアに勝利。高橋、松友組と藤井、垣岩組は、翌29日の2回戦で対戦する。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 高橋、松友の「タカマツ」は、言わずと知れた日本のトップペア。リオ五輪後、力を出し切れずに苦しむ大会もあるが、最新の世界ランクも2位と最高レベルを維持している。一方の藤井、垣岩の「フジカキ」は、ロンドン五輪後にペアを解消したが、藤井の故郷である熊本の地震をきっかけに、昨年2月に再結成して活動。ただし、今季限りの現役引退を発表している。両ペアの対戦は、2013年12月の日本リーグ「日本ユニシス対ルネサス」の第1ダブルスが最後で、藤井、垣岩が2-0(21-19、22-20)で勝っている。

 藤井は、同じチームの後輩である山口に勝ち「茜ちゃんは、シングルスのプレーヤーなので、イケる!と思って臨んだ。でも、茜ちゃんと試合ができて嬉しかった」と試合を振り返った。今大会は、予選からの出場。垣岩は、連戦でヒザの動きが少し重かったと明かしたが「ドロー(組み合わせ)を見たときに、茜ちゃんたちに勝って、高橋、松友と戦いたいと思っていた。実現して嬉しい。最後に対戦してから5年後に、また試合ができる」とメダリスト対決の実現を喜んだ。一度は一線を退いていたため、相手が圧倒的優位。それでも、大きく成長した後輩との対決に、藤井は「せっかくやるなら、トップペアと戦ってバドミントン人生を終えたい。今の世界のトップのプレーを楽しみたい」と笑顔を見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集